Monday, 31 August 2015

God Help the Girl

クルクルとまわりながら、歌い続けたい衝動に駆られるような高揚感と
ちょっぴりやるせなくて、泣きたくなるような気持ち。
遠くに置いてきて、忘れそうになっていた懐かしい思い出に、うっかりまた触れてしまった。

プライマルスクリーム、ヴァセリンズ、モグワイ、トラヴィス、フラテリス、フランツ・フェルディナンドなど、
多くのミュージシャンを排出した音楽都市、スコットランドのグラスゴーを舞台に、
歌の才能あふれるイヴ、大学のプール監視員時々ミュージシャンのジェームス、
天真爛漫なお嬢様のキャシーが出会い、音楽を通じて、絆を深めてゆく---。

『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』

自身もグラスゴー出身、伝説のポップバンド、ベル・アンド・セバスチャンのスチュアートが監督したミュージカル映画です。


大学で英文学を専攻していたころ、UKロックに傾倒し、バイト先の映画館からお給料が出るたびに
沢山のCDと新しい服を買い、来日するバンドのライブやフェスへ足を運んでいたわたしには
この映画を好きになれない理由なんてひとつもなかった。

次々繰り出されるポップな音楽にのせてスクリーンに映し出されるのは
ザ・おしゃれな英国の若者!と絶賛せずにはいられない、チープシックでとにかく可愛らしいファッションの数々。
重厚な英国式インテリアが見事なキャシーのお屋敷と、リバティのカーテンが印象的なイヴのフラット。
憂いを帯びた北の都市に、一瞬だけ訪れる夏の日の、美しい緑。

舞台は現代なはずなのに、どこかノスタルジックで
映画の主人公たちのなかに、昔のわたしを見た気がしました。
孤独を抱えて情緒不安定なイヴも
そんな彼女を見守り、助け、肝心なところでどんくさいジェームスも
健康的で無垢で夢見がちなキャシーも。

わたしはとっくに彼らの年齢を過ぎてしまって
自分の才能を信じたり、壮大な夢を追いかけたりすることはもうありません。
小さな諦めと妥協、日常のささやかな喜びを繰り返し、地に足のついた生活を送る術を知っています。

だからこそ、こういうビタースイートな青春グラフィティが愛おしくってたまらない。

若さっていいな。



Sunday, 30 August 2015

Take Me to the Beach

あっという間に8月が終わってしまった。



夏のおわりの葉山にて。


Saturday, 22 August 2015

Where We Love is Home

世の中のお盆休みが終わったころ、わたしも弾丸スケジュールで帰省してまいりました。

熱風吹き付ける東京の夏から一転、田舎の庭先には赤とんぼが飛んでいて
弘前の夏は甲子園の決勝とともに終わるんだ、と思い出した。

相も変わらずわたしに優しい、林檎と桜と洋館の街。

弘前学院外人宣教師館。
(この街は洋館がちょっとばかり有名なのです)
その美しい佇まいに、見る度心が躍ります。

こじんまりとした喫茶店、人魚姫。
ファサードがどことなく人魚姫風。
喫茶人魚姫って名前、かわいすぎるんじゃ、ありませんか。

ホームメイド感あふれるアップルパイ。
ゴロゴロのリンゴがたまりません。

10年前も、2015年も、ずーっと変わらずレトロなままの一戸時計店。
時計の上に鎮座する風見鶏も健在です。

わたしの大好物、味新のウニいくらカニ丼(みたまんま)。
いつもどおり、美味でございます。

おじいちゃんが建てた古い家の庭横には、青がかわいいタイルが敷き詰められています。
7歳の頃のわたしと同じように、今でも大層これを気に入っている。


18歳まで、この地で何不自由なく育ちました。
それが両親と祖母の愛情と努力の結果であったとも気付かず
当たり前に享受できるものだと思い込んで
それはそれは生意気に、そして我が侭に育ちました。

朝、香ばしい朝ご飯のにおいと「起きなさーい」の声で目を覚まし、
夜、大きなお風呂にざぶんと浸かってから布団に入る。
幸せっていうのはそういうことだったんだと気付くまで、我ながらえらく時間のかかったものだなぁと、
今更ながら思っています。



Saturday, 8 August 2015

Man's Best Friend

7月末。
ホリデイにつき東京を不在にした同僚の
かわいいかわいい飼い犬を、我が家で4日間だけお世話しました。

この表情・・・!かわいすぎて悶絶。
飼い主がわたしの家の近所に住んでいることもあって
御年10歳を迎えるシュナウザーのお犬先輩とは、この2年間、月に一度は顔を合わせる仲だったのです。

お犬先輩のお気に入りはわたしのベッドのうえ。
日中の大半はこの定位置でのびのびごろごろと気ままに過ごしておりました。

本当に人懐っこくて賢くて・・・

あなたは人間の生まれ変わりなの????

こんなにもいい子だから、
飼い主に連れられて我が家をあとにするお犬先輩の後ろ姿を見るにつけ、ちょっぴり寂しい気持ちになった。

またすぐに会おうね、先輩!