Tuesday, 26 February 2013

every green plant is far more glorious than if it were made of gold and silver!


春が近づいているわくわく感。

観葉植物を4つ、我が家にお招きしました。

ミントのような香りがひろがるアロマティカス(食べれちゃう)、
緑のつぶつぶがかわいいグリーンネックレス、
お部屋植物の定番ポトスエンジョイに、今のところ成長率ナンバーワンのアイビー。

みんながみんな、強くて育てやすいとってもいい子たち。
お部屋にグリーンがあるだけで、こんなに毎日癒されるなんて。

もっと大きい鉢のものも買ったりして、お部屋をボタニカルガーデンのようにしたい。

(完全にMAISHAを読んだせい!)

Flowers: Robert Mapplethorpe

池袋西武のギャラリーへメイプルソープのFlowers写真展のためにやって来たのは
バレンタインの前日のことでした。

1946年ニューヨークに生まれたロバート・メイプルソープ。
プラットインスティテュート在学中あのパティ・スミスと同居していたという伝説ストーリーを持つ
男前のフォトグラファー。

1970年代から彼が取り組み始めた作品群"Flowers"より100余点が並んだこの写真展は
ひっそりとそして堂々と開催されていて、ほんとうに見ごたえ満点でした。

色彩にあふれているはずの花々を彼はモノクロームで捉える。
不思議にも、その白黒の写真から、花の持つ色や香りそして生命力が溢れ出しているのです。
モノクロ作品の並ぶ中、メイプルソープとしては珍しいカラーの写真も9点だけ展示されており
そのコントラストたるやものすごいインパクト。
あぁ彼は観る側の人の気持ちをとてもよくわかっている。天才ってこういう人のことを言うのだ!
と感動せずにはいられませんでした。

無駄なものは全て剥ぎ取られ、花の生け方、光の具合、フラワーベースのデザイン、 背景にいたるまで
全てが綿密な計算に基づいて表現されているとしか思えない作品たちを観て
なんとも数学のように美しい芸術だとおもった。
(数学って非常に美しい学問なんだと父がいつも言っていた。わたしにその才能は受け継がれなかったけど。)






バラよりもチューリップよりもガーベラよりもカラーの花の作品が多かった。
花言葉は「純潔、歓喜、すばらしい美」。
メイプルソープにとってカラーとはどんな意味を持つ花だったのでしょうか。


花は咲き誇っているときが一番に美しいのだ、と
多くの人はその一瞬の美しさをカメラに収めようとします。
しかしメイプルソープは、花が蕾をつけ、咲き、そして朽ちてゆくところまでを捉える。
乙女のように無垢な花、この上ないほどゴージャスな花、
どきっとしてしまう位セクシャルな花、そして枯れてゆく花。
・・・その写真の数々は、赤ん坊として生まれ青年期を経て老い、死んでゆく人間の姿と重なるのです。

86年にエイズ感染が発覚し、42歳という若さでこの世を去ることになった彼の
「生への執着」と「死の予感」が花を通してひしひしと伝わってくるような写真展でした。
鳥肌たっちゃったもの。


Monday, 11 February 2013

UN AMOUR DE JEUNESSE/GOOD BYE, FIRST LOVE


3月にイメージフォーラムで上映されるフレンチ・フィメール・ニューウェーブ特集の中の1本
ミア・ハンセン=ラヴ監督の『グッバイ・ファーストラブ』。

透明できらきらとした水のような、はたまたもぎたての果物のような。
とにもかくにも、初恋のみずみずしさが画面からあふれだしている映画でした。


1999年2月。灰色のパリの街を自転車で走り抜ける青年。ベッドに裸で寝そべっている少女。
家に着いた彼は、彼女に一本の赤いバラをプレゼントする。
15歳のカミーユと19歳のスリヴァン。大人びた様子の、愛し合う2人。
ところが幸せな時間は長くは続きません。
緑燃ゆる眩しい夏を共に過ごしたあと、スリヴァンは退学して南米へと旅に出てしまうのです。
彼からの手紙も数ヶ月後にはぱったりと届かなくなって、すっかり落ち込んでしまったカミーユ。
心がえぐられたようで、何をしても悲しい。ただただ悲しい。
春が来るころ、彼女は耐えきれず自殺未遂をおこしてしまいます。

それから4年後。
大学で建築を学ぶようになっていたカミーユは恩師でもある建築家のロレンツと恋に落ち
一緒に暮らし始めました。
やっと永遠に続く愛を見つけたと思った矢先
カミーユの前にかつての恋人スリヴァンが突然現れてーーー。

あらすじだけを見れば、これはきっとありふれた物語。
しかしこの映画は10代の頃の初恋を「美しい思い出」にはしてくれません。
ジーン・セバーグを彷彿とさせるショートヘアで大学の授業にやってくるカミーユは
過去と決別した女性のようにも見えるのに
昔のように髪の毛が伸びたころスリヴァンがやってきて
昔のように愛し合い、そして昔のようにまた失う。

監督自身の体験をもとにつくられた作品というだけあって
カミーユとロレンツの関係はミア・ハンセン=ラヴとオリヴィエ・アサイヤスのそれをすぐに連想させるし
主役のローラ・クレトンはアサイヤスの『五月の後』にも出演していたし
そういう小さなつながりが、たまらなく嬉しいと思える映画だった。
(ローラ・クレトンはレアちゃんばりに不機嫌顔が最高に美しい次世代のフランス人女優である!)

わたしが15歳のときはこんな大人びた恋愛なんて知らなかったから
過去の自分とスクリーンの中のカミーユが重なるシーンなんてひとつもないはずなのに
不思議と、観終わったとき「これはわたしたちの映画だ。」と言いたくなりました。

光と闇。都市と自然。定住と永遠の旅。手紙と携帯。少女と女性。
様々な対比がなされるこの映画の中で、喪失はいつまでたっても喪失のまま。
新しいものを見つけても、それで無くしたものが埋まったわけではないのです。

「いつまで彼のことをひきずってるつもり?」

それでもカミーユは、わたしたちは
川の流れに身を任せるように、一度きりの人生の波にゆらゆらと揺られてゆく。
美しいラストシーンのようにね。


Wednesday, 6 February 2013

Exotic Journey

広尾にあるイラン・イスラム大使館公邸で行われたチャリティーバザーへ行ってきました。
一歩足を踏み入れたそこは、日本じゃなかった。


英語と未知の言葉が飛び交うにぎやかなバザー会場を通り抜け
広い芝生の裏庭でのんびりと春が近い冬の日の日光浴をし
きんぴかのポット(?)から注がれた美味しいお茶を頂いて、さくさく甘い星形のお菓子を買いました。

チャドルを纏う女性、埃っぽい街、活気あるバザール、ペルセポリス遺跡、美しいガラム・カール・・・
未だ行ったことのない土地に思いを馳せる。

なんとも異国情緒あふれる一日でした。