Friday, 30 November 2012

HICK

クロエちゃん、エディーボーイ、そしてブレイク・ライヴリー。
この旬な3人の名前が並んでいるだけで「HICK観てみたいなぁ」と思う人は
大勢いるだろうし、大勢いただろうし、わたしもその1人でした。

が! が! が!

もうなにこれ最高に最低な映画!
(ありったけの愛をこめて)


アメリカの中西部、ど田舎の小さな町に住む少女ルリは13歳の誕生日を迎えたばかり。
しかし事もあろうにその直後両親が相次いで蒸発。
独りきりになってしまった彼女はカバンに洋服と銃と少しのお金を詰めて決意するのです。
憧れのラスベガスへ行こうと。

道中様々なトラブルにあいながら、彼女はヒッチハイクで都会を目指す・・・。

なーんて
センチメンタルな中にスリルと希望が混じり合っていて、なかなか魅力的なストーリーの導入部分。

クロエちゃんはとにかくキュートで、お洋服や小物なんかもセンスいいし(虹色パンツ!)
彼女のお母さん役はジュリエット・ルイスだし
ピンク色のタバコをふかすブレイク・ライブリーもはまり役だし
エディーボーイもならず者の役をがんばってたし
一瞬だけローリー・カルキン君が出てるし
音楽も映画の雰囲気にぴったりでいいかんじだし
途中まではよかった。そう非常によかったのですよ。

しかしなんということでしょう。

途中からこのお話は
いきなりああなってそうなって、気付けばあれっ?と、非常に中途半端で意味不明な展開を迎えます。
素材題材がよかっただけに、脚本の後半部分の雑さに涙がでてきそうです。しくしく。

サイコホラーな映画にするならもっと突き抜けて完璧にやってほしかった。
それができないなら
どこにも行き場のない風変わりな2人が社会の片隅で反発し合いながらも心を通わせ合う『レオン』的展開に
持っていけばよかったのになぁ・・・なんて考えたり、考えなかったり。


うーん。うーん。うーん。


13歳の家出は、何も学ばなくたって何を失敗したって、全然いいと思うけど。

「あぁもったいない。」

そんな言葉を百万回言っても足りないような映画でした。


Tuesday, 27 November 2012

Autumn is a second spring when every leaf is a flower


「秋は全ての葉が花となる2つ目の春だ。」
そういったのはアルベール・カミュらしい。


わたしの引っ越してきたマンションの隣には大きな霊園あって、部屋のベランダからその様子がよく見えます。

「お墓のとなりに住むなんて気味悪くないの?」と聞かれることもあるけれど
わたしはそういったことを気にする人間ではないし、
たくさんの木に囲まれていて花壇とベンチと小さな広場があるその霊園には
犬の散歩をする人、下校途中の小学生、ボール遊びをする親子、おしゃべりを楽しむお年寄りという風に
お墓参り以外の目的の人がちらほら集まったりしていて、そういうところがいいなぁと思ったりしている。

大袈裟かもしれないけれどそこはまるで
パリのペール・ラシェーズ墓地やストックホルムのスコーグスシュルコゴーデンのよう。
綺麗で明るい雰囲気で訳もなく行きたくなる。
そんな場所なので休日の昼にはわたしもよくそこをふらふらしています。


今は紅葉まっさかりの霊園。


大きな2本のイチョウの木、もみじの木、名前を知らない木。
側にいたおじいちゃんたちの「政治家は一体何をしてるのだ」といった類いの嘆きの会話を聞きながら
赤オレンジ黄色になった葉っぱの集まりをじっと見ていたら
カミュの言っていたように、それらが花に見えてきたから不思議。
枯れてなくなってしまう前の一瞬の美しさってこういうことなのかしらと思う。

寂しくて、その反動で強くなる。そんな季節であーる。


帰り際、突然の「みぎゃー!」「ざざざざー」という音とともに
黒ブチの猫とそれを追いかけて低空飛行する大きな大きなカラスが
ものすごいスピードでわたしの目の前を横切ってゆきました。



Monday, 26 November 2012

QUATRE NUITS D'UN REVEUR

ロベール・ブレッソンの『白夜』。
ドストエフスキーの短編小説を基に制作されたこの幻の映画が
ニュープリントでユーロスペースに甦った。
わたしが観に行った日、平日にも関わらず劇場が大変に賑わっていたのを覚えています。

映画を見終わったとき
「なぜわたしは原作となったドストエフスキーの小説を読まず、
ルキノ・ヴィスコンティ版の『白夜』も観ないまま、のこのことここへ来てしまったのか!
色々比べられたらもっと楽しかったのに!」
と激しく後悔しました。


原作の舞台は19世紀のペテルブルクらしいのですが、この映画では70年代のパリに移されています。


パリ。
画家のジャックは、夜のポンヌフで思い詰めた表情をしている美しい女性マルトを見かけます。
一旦通り過ぎるふりをしてから再びポンヌフへ目をやると、彼女は今にもセーヌ川に身を投げようとしている。

恋人に「自分が結婚できる身分になったら1年後ここで会おう。」と言われており
今日が丁度その1年後だというのに、彼が現れる気配は一向になく絶望しているのだ、と彼女はいいました。

ジャックはマルトに惹かれているという感情をひた隠しにして
次の日も、また次の日も、彼女とポンヌフで会うようになるのですが・・・。


夜のポンヌフ、黒いマント、白いネグリジェ、テープレコーダー、
石畳をこつこつと歩く靴音、
「あなたはいい人、だってわたしのことが好きじゃないから」
きらきら光るセーヌ川の舟、流しのギター弾き。
全体を通してというよりも断片的なイメージの方が強く頭にのこる映画でした。


プロの俳優の起用を好まなかったというブレッソン。
この映画も例にもれず主人公達は素人を起用し、台詞に抑揚は無く表情だってほとんどが無表情で
まるで美しいだけの人形のようです。
そのかわりに
カメラでクローズアップされ丁寧に描写される手の動き、艶かしい脚の様子、肌の質感が
静かに男女の心情を表現しているのでした。
ゆっくりとドアを開けるジャックの手のカットがとても印象的だったなぁ。
とても美しい手をしていたの。

家族や友人の気配が全くなく、孤独な生活をしている様子のジャック。
野原ででんぐり返しをしてはひとり喜んだり、街で見知らぬ美しい人を見かける度にこっそりと後をつけたり
運命の女性との出会いを妄想してはその詩的なストーリーをテープレコーダーにせっせと録音したり
元からなかなかに変わった青年なのですが、
マルトに恋をしてからというもの
「マルト、マルト、マルト・・・」
と延々彼女の名前をテープレコーダーに吹き込んでそれをジャケットの下に隠して持ち歩き
ついには公共の乗り物バスの中でテープを再生し始めたものだから、
あぁあなたの変人ぶりはエスカレートするばかりですねと少し笑ってしまった。
笑ったけれど、なんだか彼の深い深い寂しさを知った気がして、同時に悲しくもなりました。

こういった主人公はやっぱり最後裏切られる運命にある。
そんなことは目に見えているのだけど
少しだけの明るい希望も持ちながらこの映画を観てた。

儚く美しく、虚ろで夢のような4日間の物語でした。


Sunday, 25 November 2012

Happy Moroccan Day♪


渋谷から表参道までをてくてくと歩き
バブーシュ、タッセル、モロッカングラスの並ぶモロッコ雑貨やさん「ダールファティマ」に寄り道。
それから外苑前までてくてくと歩いて「タジンや」へ。
ハリラスープ、モロッコ風サラダ、チキンケバブとクスクス、タジン鍋、デザート&ミントティー(+お酒)
という土曜のモロッコ料理フルコースを頂いて
すっかりほこりっぽい砂漠の国モロッコへ思いを馳せました。

しあわせな休日であった。

あぁモロッコにも行ってみたいな。

Saturday, 24 November 2012

The Silent Miaow

猫はお好きですか。
そっけなくて、自由気ままで、とびきりに愛らしい猫という生き物。
彼らがなにを考えているか知りたいと思ったことが一度でもあるならば
この本が役に立つかもしれません・・・。

自身も猫好きとして有名だった作家ポール・ギャリコによって1964年に書かれた
その名も『猫語の教科書』。
猫もの小説のベストセラー。

今日の夜に本屋さんでこの本を購入し
お風呂に浸かっている1時間弱の間に読み終えてしまった。
かわいい猫の写真も付いていて、とても読みやすい本です。


なんでもこの本が完成するまでの経緯というのはちょっぴり変わっていたという・・・。
ある朝、大手出版社に勤める編集者の自宅玄関前に分厚い原稿の束が届きます。
それを開けてみると、並んでいたのは文字と数字の混じり合った解読不能な文章の山。
困り果てた編集者から相談を受けて謎の文章の解読を始めたギャリコはとんでもない事実を発見するのでした。

「この原稿は人間によって書かれたものではない。
恐ろしく頭のよい猫によって書かれた、この世の全ての猫のための、生き残りマニュアルだ。」

そう、この本は
生後6ヶ月でお母さんを交通事故で亡くし、それからというもの人間の家を「乗っ取り」生きてきたという
非常に逞しくて賢い名無しの猫(♀)によって書かれたものなのであります。


正しいタイトルは『猫語の教科書ー子猫、のら猫、捨て猫たちに覚えてほしいこと』
(The Silent Miaow: A manual for Kittens, Strays, and Homeless Cats)


「人間の家をのっとる方法」という衝撃的な(?)第1章から始まり
人間ってどういう生き物?おいしいものを食べるには?などなど全19章からなる本作。
わたしたち人間にうまく取り入って快適な生活を手に入れる方法だけに焦点をあてた、
計算高い猫による猫の為の腹黒ハウツー本です。

「地獄の沙汰も金しだい、ということわざだってあるでしょう?もし貧乏な家を乗っ取りたいというなら
それは自由だけど、わたしならやめておくわ。」

「男性は、コツさえつかめば操縦は簡単です。男というものはもともと不安定な生き物で、
とくに家庭の中では矛盾に苦しんでいるので、この矛盾をじょうずに利用するのです。」

「女性は猫と同じく生まれながらのハンターで、本能的で、獲物を扱うときには残酷でさえあります。
女達は、女につかまり征服された男達よりもずっと賢いのです。猫が男をモノにする手練手管を
女性は同じ目的で、もう使っています。」

・・・やだ猫こわい・・・!上から目線すぎる・・・!

しかしそれだけにとどまらず
さらに目も覚める思いをしたのは次の文を読んだときでした。

「人間の家を支配するためには、自分の魅力をどう人間にアピールすべきか知っていなくてはなりません。
表情、姿勢、しぐさ、顔や体の動き、全部を使って自分の魅力を輝かせるの。
だって猫はどんな時でも、妖艶でしとやかで謎と魅惑に満ち、
セクシーで官能的で、快活で愛嬌に溢れ、面白くて人好きがして、愛の魔法で心をかきみだし
心をそそり心を満たす、ほれぼれと可愛らしい存在でありづけなければならないんですから。」

こ・・・これは・・・

これは本当に猫の為のマニュアルですか?
「モテる女子になる!」とかいう類いの、女性向けセルフヘルプ本じゃなくて?

あぁそうか、モテる女性と猫はよく似ているのだな。
そして猫は赤文字系雑誌に代表されるような「モテ」を日々意識して行動しているのか。

・・・・・

やっぱり猫こわい!!!


好きな人を、彼氏を、モテスキルの高い猫に横取りされてしまう。
一瞬そんな不安に苛まれましたよ・・・。
(本当にわたしの妄想はどうしようもない)


人間界での猫の処世術を語っていると同時に
わたしたち人間の本質を、皮肉たっぷりに、面白可笑しくずばっと言い当てているこの本。
最後にはしっかり人間に対する敬意と愛情を示してくれたりする。
読み終わる頃にはすっかり
ユーモアとアメとムチを絶妙に使い分けるこの猫の虜になってしまいました。


こんなに賢くて可愛い猫が、明日わたしの部屋を「乗っ取りに」来てくれたらいいのに!




Friday, 23 November 2012

Treadaway Twins


ダブルパーフェクション。
なんとまぁ美しい双子だこと・・・。


Wednesday, 21 November 2012

Tonight You are Mine/One Night One Love

もう一度なんて言わず、飽きるまで見返し続けたい!!

最近観た映画の中で一番わたし好みだった作品。
うぅぅぅぅぅぅぅ。(声にならない声)



日本では『ワンナイトワンラブ』というちょっと恥ずかしいタイトルが付いているこの作品、
原題も"You Instead/Tonight You’re Mine"なのでどっちもどっちなのですが。
もしもあなたが音楽好きで、野外フェスで感じる高揚感を知っていて、ついでに少女マンガも好きならば
絶対に、絶対に、絶対にこの映画が気に入るはずである!


スコットランド最大級の夏フェスT in the Parkに出演するため会場入りした人気絶頂のアーティストアダム。
彼は些細なことから新人のガールズバンドと舞台裏で大げんかを始めてしまいます。
車を揺らし取っ組み合い寸前にまでヒートアップしたアダムとDirty Pinksのボーカルモレロ・・・
そこへ突然謎の黒人男性がやって来て
「夢を与える存在のミュージシャン同士がケンカしなさんな」
と、2人を手錠で繋いでしまうのです。
(何故彼が手錠を持っていたのかなんて野暮なことは疑問に思わないようにしましょう。)

あの手この手で手錠を外そうと試みるもその都度失敗に終わるアダムとモレロ。
悲嘆にくれお互いを罵倒しあうその間にもバンドの出演時間は刻一刻と近づいてくる。
この2人は、ライブは、一体どうなっちゃうのよー!

・・・・

2010年にスコットランドで開催された実際のT in the Parkが舞台のこの映画。
そう、俳優さんと撮影クルーはフェスの開催期間であったたったの5日間、
フェス会場に寝泊まりして本物のミュージシャンのライブを背景にしながらこの映画を完成させたのでした。
劇中にはGOSSIPやCarvin Harrisのハイボルテージなパフォーマンスシーンも登場しておりますし
スコットランドはグラスゴー出身のJo Mangoのしっとりとした歌声は本当に素晴らしくて
帰宅してから思わずitunesで彼女のアルバムを買ってしまったほど。
音が、舞台が、熱気が、全て本物。
だから映画が上映されていた80分間だけ、夜の渋谷にいながら、
2010年のT in the Parkに紛れ込んでしまったような気分に陥りました。
手錠に繋がれたままのアダムがモレロの参加するDirty Pinksのライブで即興演奏するシーンは
紛れもなくこの映画のハイライトでありましたよ。鳥肌たっちゃったもんね。


この映画の音楽監督はThe Vaselinesのユージン・ケリー(!)で
彼がアダムの所属する架空のデュオThe Makesの楽曲を全て担当したそうなのですが
Vaselinesのオルタナロックサウンドはどこへやら
The Makesの音楽はMGMTやFoster the Peopleを彷彿とさせるエレクトロポップなもので
わたしはちょっと・・・いやかなり驚いてしまいましたよ。
きっとこの頃の音楽の流行を考えてのことなのでしょうね。
ロックスター風な出で立ちのアダムと正反対に、彼の相方のタイコ君はメガネをかけた文化系で
映画冒頭「この人MGMTのベンっぽい!」なんて思ったのだけど、結果その通りであった。


モテモテでウーマナイザー呼ばわりされる主人公のアダムを演じていたルーク・トレダウェイは
なんとまぁ伝説の(←)結合体双生児ロックバンドムービー『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』で
主役のバリーを演じていた男の子と同一人物であったと後から知って
言いようも無いくらいに納得したし嬉しかった。
『ブラザーズ〜』はわたしの大好きな映画の1つだったから。
歌の上手さはそのままに、ずるい位いけめんに成長しておられたのですね、ルークさん・・・。



この映画は確実にわたしの大好きな作品となりました。
ちょっぴりエンディングは"Corny"だった気がするけれど、そこも含めて
わたしにとってこの映画は素晴らしくすてきなおとぎ話でしたよーう!

「本物の中にある架空のもの」
「手錠に繋がれてはじまる恋」


フジロックやサマソニに参加したことがある方ならば少なからずご存知のはずです。
夏フェスに「ありえない」の5文字は存在しないのだということを。

Monday, 19 November 2012

the simplest solution is always the best

窓をあけたら冬の匂いがした東京。


エアコンの暖房を付けても部屋がじんじんと寒かったので
昼間から湯船にお湯をはって1時間くらい半身浴をした。
その後ベッドの上で布団にくるまりながら
お姉様からお借りしていた『アデュー・フィリピーヌ』のDVDを観ていたら
うとうとと眠りにおちてしまって、気がついたら夕方の5時でありました。
化粧もせず、マンションの外へ一歩も出ないで、わたしひとりだけ今日という一日が終わってゆくよ。


貴重な貴重な休日には自分の好きなことしかやらないと決めている。
気ののらないお誘いは心を鬼にして断るし
会いたい人にしか会わないし、1人で過ごすことだって多い。
とにかく、自分の心のおもむくままにその日を過ごすのです。

そんなシンプルかつ正しい休日のおかげでストレスフリーな毎日が送れるのだなぁ。



・・・あったかいヒーターを買おう。

Thursday, 15 November 2012

Salmon Fishing in the Yemen

この映画の存在を知ったとき、
砂漠のイエメンに鮭を泳がせようとみんなが奮闘するストーリーだなんて
この作品はきっとNHKの『プロジェクトX』的なアツい感動巨編なのだろう。
それならばわたしのこの映画を観たい度はそんなに高くないやねぇ・・・。
なんて思っていたのだけど!

純粋にとても面白かったんだなこれが。


「砂漠で鮭が釣れるようにしてくれ。」
イエメンの大富豪から無理難題を依頼されたコンサルタントのハリエット。
水産学者のジョーンズ博士に相談するも、"fundamentally unfeasible" と、あっさり断られてしまいます。
しかしこの話が中東との緊張状態をどうにか緩和したい英国の首相広報官の耳に入るやいなや
すぐさま英外務省も支援を決定。
一見荒唐無稽に思えた計画が、首相政府を巻き込んだ国家の一大プロジェクトとなってしまうーーー
という話。


エミリー・ブラント演じる容姿端麗頭脳明晰で仕事もバリバリ、でもちょっと脆い女性ハリエット、
ユアン・マクレガー扮する真面目で冴えない魚一筋の学者ジョーンズに加えて
クリスティン・スコット・トーマスのかなり振り切れた演技が強烈な首相広報官マックスウェルの存在が
この映画に大変気持ちのよいコメディ色を与えてくれていて、はじめの想像よりずっと笑えた映画でした。
(何度か出てくるマックスウェルのPCチャット用のアイコン表情が最高なんだよ)

そして何より
釣りにも魚にも全く明るくないわたしがこの映画を楽しめた最大の理由は
ロマンスという女性ならきっとみんなが大好きな要素が
中盤から後半にかけてたっぷり詰まっていたからだと思います。でへ!

アフガニスタンへ派遣されている軍人の恋人を持つハリエットと
長年の結婚生活で妻との関係はとうに冷えきっているジョーンズ博士。

ひとつのプロジェクトを達成する為に強力し合っていたビジネスパートナーの2人が
男女としてお互い惹かれ合うのに、そう長い時間はかからなかったのである。
オフィスラブならぬイエメンde鮭ラブ。(なにそれ)

映画の途中からはこの恋のゆくえが気になって気になって
わたしの頭の中は明らかに
ハリエット&ジョーンズのラブ>鮭放流計画
になってしまったのでしたが・・・。

それでも
「天然の鮭を国外に持ち出すなど言語同断!」という英国環境省の猛反対、
「我々は西欧化など望まぬ!川や鮭など不要!」というイエメンの過激派による攻撃などに邪魔されて
全く一筋縄にはいかないこの計画を成し遂げるために
何度か諦めそうになったって、再び這い上がり夢を実現させようとする人たちの姿には
最後やっぱりうるうるしてしまいましたよう。

ありとあらゆる現実世界の不可能を可能にしてくれる映画の魔法を観た気がしました。

基本いつだってひねくれたものの考え方をする私ですが
バカみたいだって格好悪くたっていいじゃないか。
好きな人にはきちんと好きだって伝えて、たくさん傷ついたって
どろどろになるまで頑張ったら必ずやそれは報われるのだって、
そういうのも少し信じてみようかな、なんて思った映画でした。



Thursday, 1 November 2012

The Light of the Night


10月31日。
間に合わせのハロウィンパーティーグッズとして
当日の夜慌てて購入したアングリーバードのかぶりもの(黄色)を頭にのせ
1人1本のワインと3人で2本のシャンパン、何杯かのビールとモヒート、食後のグラッパを飲んで
わたしの酔っぱらいハロウィンが終わりました。

千鳥足でマンションへ帰り窓の方を見てみたら空には綺麗に真っ赤な月が浮かんでたので
「今日は確か満月じゃないけど、あんなに月がまんまるなんだから
きっと狼少年は間違ってオオカミになっちゃうね!!」
なんて意味不明なことを思ったりして
iphone片手にベランダから月の写真を撮ったのだった。

うぉぉーん。