Wednesday, 25 April 2012

Robert Doisneau Centennial Retrospective


涙がでそうになるくらいの多幸感で心がひたひたになりました。

東京都写真美術館で開かれている、ロベール・ドアノーの生誕100周年記念写真展。

I.パリ郊外〜城壁の外側 II.冬の時代から占領からパリ解放まで III.郊外の休日
IV.パリ〜イメージの釣り人 V. 『ヴォーグ』の時代 VI. ポートレイト
VII. ロベール・ドアノーとカラー VIII.子供たち IX.変貌するパリ
の9編から成る200点の展示品。
ドアノーの代名詞であるパリの日常写真はもちろんのこと
大戦中の対独地下活動記録写真から日本初公開のカラー写真、国土整備庁の任務による写真までが並び
わたしの想像以上に充実の内容でありました。


1912年、パリ南部の郊外ジャンティイに生まれたドアノーは、石版工の資格を取得後
写真家アンドレ・ヴィニョーの助手を経て独立、産業カメラマンとしてルノーに入社。
しかしながら相次ぐ欠勤と遅刻を繰り返したため同社を解雇され、フリーへと転身。
第二次世界大戦中には軍へ招集されるも体調を崩し除隊、その後自由フランスのレジスタンス運動に参加。
家族を養う為にVOGUE誌の契約カメラマンオファーを引き受けるも
華やかな社交界やファッションモデルの写真を撮るのは性に合わなかったらしく
たった2年で彼は「喜んで」、契約を終えたという。何かに縛られることが大嫌いだった人。

「わたしは芸術家ではない。」

アートではなくヒューマニズムとしての写真を追い続けていたドアノーの自由な精神が
カメラの被写体として求めていたものは
いつだって、何気ない日常に起こっているであろうドラマティックな瞬間でした。

『パリ市庁舎前のキス』
Le Baiser de l'Hotel de ville,1950

『ポロネギを持つ恋人たち』
Les Amoureux aux poireaux, 1950

『かがんで口づけ』
Baiser blotto, 1950

『雪の積もったエッフェル塔』
La Tour Eiffel sous la neige, 1964

『リヴォリ通りのスモック姿の子供たち』
Les Tabliers de Rivoli, 1978


「何気ない日常を切りとる」といっても、パリで撮影された彼の写真の中には
全てが計算された上で撮られた「演出作品」なるものがいくつかあります。
写美の入り口前に大きく引き延ばして飾られている、かの有名な『パリ市庁舎前のキス』だって
実はアメリカの雑誌社から注文を受けて撮影された組み写真の一部。
それでも
「この写真は仕込まれたものでなく、パリの街角で実際に起こったロマンチックな瞬間を捉えたものなんだ。」
と思うには十分すぎるほどの「一瞬の偶然」感があふれてる。
白黒の写真を通して伝わって来る彼の視線はどこまでもあたたかくて優しく、時々ユーモラス。
演出された写真でも、そうでない写真でも。
これがきっと「ドアノー劇場」と言われる彼の作品の共通点なのです。


メトロのオペラ駅で、リュクサンブール公園で、ヴァンドーム広場で、サンマルタン運河で。
バスティーユで、エッフェル塔で、ポンヌフで、ポンデザールで・・・。
永遠に流れてゆく時を止めフィルムの中に閉じ込めておく天才だったロベール・ドアノー。
彼が生まれてから100年、その写真の魅力は衰えず、むしろ輝きを増すばかり。
当時のパリへ迷い込んでしまったかのような錯覚を覚えました。

Friday, 20 April 2012

Silver Dollar Pancakes at Imperial Hotel

久しぶりに銀座へやってきた今日。
晩ご飯は、ちょっと奮発して帝国ホテルのパークサイドダイナーでいただきました。
ブルーチーズソースのコブサラダもフォアグラと牛ステーキの和風丼も
それはもう大変に美味しくてほっぺたが落ちそうになりましたが
わたしが一番楽しみにしていたのはデザート。



そう!帝国ホテルの名物、1ドル銀貨パンケーキであります。

直径にして約7センチの小さな小さなパンケーキ。
軽やかなのにしっかりとした存在感のホイップバタークリームと
黄金色に輝くメープルシロップをたっぷりかけていただきます。

シンプルな美味しさがたまらない。さすが!!

お味はもちろんのこと、夢あふれるネーミングと、パンケーキのお花のようなそのビジュアルがたまりません。

これは永遠に「女の子」の食べ物。


Tuesday, 17 April 2012

Get Inspiration from Stella McCartney 2012



ステラ・マッカートニーがロンドンオリッピックのユニフォームをデザインしたというので調べていたら
同ブランドのめちゃめちゃ好みな春コレクション用ポスターを発見したので載せておく。
麗しきナタリア姐さんがたくさんのお花に囲まれて、すてきすてき。

Tuesday, 10 April 2012

Cherry Blossoms in Full Bloom

最高の小春日和。
上野公園にて桜を愛でました。その花言葉は「純潔」だそうな。


満開の花がはらはらと風にのって散ってゆくのを見るのは
趣きがあるけれど、少しだけ哀しい。

ひさかたの 光のどけき春の日に しづ心なく 花の散るらむ

高校時代、とてつもなく厳しかった古典の先生から習った、そんな歌を思い出しました。

Saturday, 7 April 2012

The Artist

笑って泣いてまた笑った。とっても愛らしい作品に出会いました。


明日公開される話題の映画『アーティスト』をちょっぴりお先に観る機会があったのでした。
CG技術や3Dが主流であるこの時代の人々の意表をつくサイレント映画。

物語の舞台は1920年代のハリウッド---映画が人々にとって最高の娯楽であった時代。
サイレント映画の大スタージョージ・ヴァレンティンと
新しい時代の象徴であるトーキー映画の新鋭女優ペピーの恋のお話。
説明不要の至極シンプルなストーリー展開が待ち構えております。

監督主演スタッフがフランス人のこの作品は
まさに「ハリウッドミーツフランス的エスプリ」といったところ。

ジョージがペピーにつけぼくろを書いてあげるシーン、
ペピーがジョージの楽屋に忍び込み、彼のスーツに袖を通すシーン、
(↑個人的にこの映画一番の名場面)
2人が再会を果たすシーン、
レストランでのシーン・・・
どこをとってもこじゃれていて、うっとりしてしまう。

踊るペピーの足がカーテンの下からあらわになってゆくシークエンスは
往年の名作『或る夜の出来事』に登場する名シーン「おみ足ヒッチハイク」を彷彿とさせてくれる。
(SATCのキャリーも『或る夜〜』の真似をしてスカートをたくし上げ、車を止めているよ)
微笑ましくも思わず涙が出そうになるタップダンスの場面は
映画『有頂天時代』のダンスシーンにそっくり。
こんな風に過去の映画へのオマージュが感じられる点も心憎いではありませんか。


この作品、人々のノスタルジーに訴えかけるのが目的であるかのような
古くさい映画だという印象を抱く人がいるかもしれませんが、むしろその逆だとわたしは思う。
いつだって、ふるいものは新しい。
白黒無声の映像を通して自分の頭の中に色と音が溢れてくる・・・そんな新鮮な体験をしました。

俳優さん(+犬)の細やかな演技がすばらしくて、台詞なんてなくても気持ちが伝わってくるのです。

後半の展開の物足りなさが唯一の残念ポイントであるぞ、なんて思いつつも
困った様に笑うその表情がたまらなくチャーミングな主演のジャン・デュジャルダンと
快活なニューウーマンという感じがペピー役にぴったりだった、フラッパールックのベレニス嬢
ジャックラッセルテリアの名犬アギーが織りなす、モノクロームと静寂の世界は
この上なくロマンティックで贅沢!