Saturday, 24 March 2012

YAYOI KUSAMA'S MIZUTAMA CAFE


午前中に通りかかった六本木交差点の名物カフェアマンドが
草間彌生ドットの「水玉カフェ」に大変身しておりました。
わーん。たのしい非日常。

そうです。今年も六本木アートナイトがやってきたのです。

あいにくわたしには今日の夜から明日まで別な予定が入っていて
夕方からヒルズのアリーナに設置されているであろう
ヤヨイちゃん&リンリンの巨大バルーンを見に行けないのがちょっぴり残念ですが・・・。

雨もやんだようですし、真夜中の六本木アート散歩をされるみなさまはどうかどうか楽しんでくださいね。
暗闇の中、宝さがしをするみたいに!

★クリックミープリーズ★
↓↓

My Week with MARILYN

イギリスの映画監督コリン・クラークの手記が原作。
時代と寝た女の、知られざる物語。


1956年。
毎週木曜日映画館に通うのが楽しみだった23歳の青年コリン・クラークは自らも映像の道を志し
親のコネでロンドンにある映画プロダクションに第三の助監督として雇われます。
彼の初仕事となったのが、ローレンス・オリヴィエ主演・監督の映画"The Prince and the Showgirl"でした。

同作のヒロインに起用されたのは、時の女優マリリン・モンロー。
映画撮影の為イギリスへとやってきたマリリンは、最初こそチヤホヤされたものの、
異国の地で自分にのしかかるプレッシャーに押しつぶされ、作品づくりに集中できず
睡眠薬を飲んでは遅刻を繰り返し、台詞も覚えられないでスタッフを困らせていました。
ついには演技方法で監督のオリヴィエと激しく対立、映画製作陣の中で完全に孤立してしまうのです。
もう撮影は中断するしかないかもしれない。

そんな彼女に唯一理解を示したのがコリンでした。

「僕はあなたの味方です」

この一言がきっかけで親密になってゆく2人。
そのうちにコリンは目の当たりにすることになるのです。
天真爛漫なセックスシンボルマリリン・モンローとまるっきり正反対の
不安と孤独に苛まれ、いつだって哀しくて、いつだって愛を求めている、本当の彼女の姿を・・・。

劇作家アーサー・ミラーを夫に持つ世界的有名女優と無名の青年の、秘密の一週間。
結末なんてわかりきっている。

コリンにとっては燃え上がるような、嵐に襲われたような、そんな恋だったかもしれないけれど
マリリンがコリンに抱いていた感情は、恋というより友情に近いものだったように感じます。
どんなに「誰も本当のわたしを知らない」と涙をみせたって
「どうして誰も本当のわたしを愛してくれないの」と取り乱したって
彼女は最初から自分が帰るべき場所に戻らなければならないことを知っていて
23歳の青年のために「マリリン・モンロー」であることを捨てるなんて、絶対にできなかったのだから。

映画の撮影が終わると同時に、彼女は去ってゆく。
青年は夢から醒めて、またひとつ大人になる。

50年代のロンドンやウィンザーの街並、活気溢れる人々の様子、ファッションとインテリアに心がときめいて
ランラン氏のキラキラとしたピアノ音が奏でるマリリンのテーマ曲にうっとりし、
ミシェル・ウィリアムズ、エディ・レッドメイン、ケネス・ブラナー
エマ・ワトソン、ジュディ・ディンチ、ドミニク・クーパーという豪華なキャストの演技に陶酔。
何よりも噂に違わず、ミシェル・ウィリアムズが最高に素晴らしかったです。
マリリンのトレードマークであるブロンドヘアと真っ赤なリップ、ひとつのホクロはそのままに
くるくると変わる魅惑的な表情、おっとりとした喋り方、色っぽい佇まい・・・
本物以上に肉感的で愛らしいマリリンであったよ!!
だれだって、彼女を好きにならずにはいられない。

映画の冒頭、彼女は歌います。

"When love goes wrong, nothing goes right"と。

そう。
きっとマリリン・モンローという女優は生涯愛されることだけを望み、愛こそが全てだったのだ。

なんだかそんな風に思いました。



★クリックミープリーズ★
↓↓

Tuesday, 20 March 2012

Simple Reminders




★クリックミープリーズ★
↓↓

Spring Has Come

 

"Be like a flower, turn your face to the sun."



★クリックミープリーズ★
↓↓

Sunday, 18 March 2012

New Flower Printed Coat


ふらふらっと立ち寄ったグリーンレーベルリラクシングで、
リバティの花柄スプリングコートを買いました。

数年前に発売されて即売り切れたリバティ×ラベンハムのキルティングコートを買い逃してから
可憐な小花柄コートに再び出会える日を、心のすみっこでずっと願っていたのです。


だからもう、これを見た瞬間に運命を感じました!

ひとめぼれ!

かわいいでしょう!(押しつけ)


気付けばわたしのクローゼットの半分以上が
ユナイテッドアローズ系列のお店で買ったものだったりします・・・。
あの場所はなんだか不思議な力を持っているよ。


たっぷりのお日様の下、このコートを着てるんるん歩くのだ。



★クリックミープリーズ★
↓↓

Tuesday, 13 March 2012

The Girl with the Dragon Tattoo

永遠のベビーフェイスちゅーめいちゃんからお誘いのメールを頂き
土曜日の夜観に行ってきたのはこちらの映画。


スウェーデン生まれの大ヒットミステリー小説が原作の
デヴィッド・フィンチャー版『ドラゴンタトゥーの女』。
出演者の体を張った演技、スリリングなストーリー展開が話題を呼んでいたので
既にご覧になった方も多いのではないでしょうか!!!

新宿ピカデリー、21時10分の回。
公開から一ヶ月以上経っているというのに劇場内はお客さんがいっぱいで
意識せずとも映画への期待が高まります。

ミカエルは大物実業家のスキャンダルを暴き名誉毀損で有罪の判決を受けた崖っぷちのジャーナリスト。
彼の元に舞い込んだひとつの依頼。
それは40年前に起こった、少女ハリエットの失踪事件を解明することでありました。
彼は天才ハッカーのリスベットとともに捜査を進めることになるのです。

一体誰がハリエットを殺したのかーーー。

映画がはじまって早々に、わたしやられてしまいました。
Yeah Yeah Yeahsのカレン・O嬢がカバーするレッド・ツェッペリンのImmigrant Songと
ダークなビジュアルが驚く程の化学反応をおこしていて
思わず叫びたくなっちゃう位に超クール!あれは本当によかったです。
ポストガーリー番長候補のジア・コッポラが「最近観て影響を受けた映画」として
この作品を挙げていたのも納得のスタイリッシュさでした。
(予告もめちゃめちゃかっこいいのでご覧になってない方ぜひ!)

話の軸となる少女失踪事件については、登場人物をみれば何となく話の顛末が読めてしまいますし
大どんでん返しもなくわたしの予想どおりの結果に終わったので
ミステリー映画としてのドキドキは殆ど感じませんでしたが
ドラゴンタトゥーの女ことルーニー・マーラちゃんが素晴らしくて素晴らしくて!

元々、ちゅーめいちゃんとわたしがこの映画を観にきたのは
「世界一セクシーな40代、ダニエル・クレイグを堪能したい」というちょっと不純な(?)理由からでした。
スクリーンに初めてミカエルことダニエル氏が写ったとき
小声で「かっこいいね!」なんて言い合ったりしていました。

しかし、目の前に写るダニエル・クレイグが少し霞んでしまう瞬間は、すぐにやってきたのです。
ルーニーちゃん演じるリスベットの登場。
アシンメトリーの髪、沢山のピアスにタトゥー、タバコとバイク、レザージャケット。
完全武装のその下に垣間みられる少女らしさと寂しさに、思わずせつなくなってしまう。
途中からはすっかり彼女の虜!!!
怒りを抱え閉ざされていた彼女の心が少しずつ少しずつミカエルに開かれてゆく様子、微笑ましかったな。

そんな美しい2人の噂のベッドシーン、広範囲にかけられた荒々しいモザイクには目がテンになりました。
個人的には、俳優さんが体を張って一生懸命に作ったシーンなのだから隠す必要はないと思うのですが
隠すならばもう少し上手に隠してほしいものだわ、とね・・・。

えーと隠す隠さないの話はここらへんにしておいて。


この映画は、暗い過去のせいで強くなければ生きられなかった、ひとりの少女の物語。
やっと寂しさから抜け出せそうだとおもった矢先の映画のラストがせつなくて
「非情!人生って本当に非情!」と思ったりもしました。リスベットには幸せになって欲しいのになぁ。

そこにわたし、嬉しい朗報を発見しました。『ドラゴンタトゥーの女』は続編が決定しており
ダニエル・クレイグとルーニー・マーラは続編2作の出演契約にサイン済みだとか。
また近いうちに美しい2人の共演が観れるなんて楽しみすぎます!!

ミステリーな事件の結末よりも、リスベットの恋の行方が気になる。
そんな映画の見方があっても、いいですよね・・・?


★クリックミープリーズ★
↓↓


Wednesday, 7 March 2012

Good Morning Today



スプーンも笑う、お休みの日の朝。

今日は勉強するぞー。



★クリックミープリーズ★
↓↓

Friday, 2 March 2012

YOUNG ADULT

ジェイソン・ライトマン監督とシャーリーズ・セロンという組み合わせにわくわくさせられて
ずっと観るのを楽しみにしていた映画『ヤングアダルト』を観てきました。


年は取っても大人になれなくて、
①お酒を飲み過ぎた日は化粧を落とさず寝てしまう。②ペットが友達。
③高校時代のジャージやTシャツを部屋着にしている。④10代の自分の栄光が忘れられない。
⑤故郷に帰ったら負けと思っている。
⑥別れた彼氏とヨリを戻せると信じている・・・そんなイタい女性の物語り。

①がたまに当てはまるわたし(←え)は、きっと彼女を笑えないのだ。


ミネアポリスに暮らす37歳のバツイチ女性メイビス・ゲイリー。
職業はゴーストライター。現在執筆中のヤングアダルト(少女向け)小説は人気が落ちて連載終了決定。
次回作の予定もなし。彼氏もなし。
何にもうまく行かない毎日に嫌気がさして、酒に溺れる毎日・・・。

そんな彼女に、高校時代付き合っていたバディと彼のお嫁さんから一通のメールが届きます。
「僕たちの赤ちゃんが生まれました。」

ここで何故か
「こんなメールを送ってくるなんて、バディはまだわたしに未練があるんだわ。
そうよ・・・本当に彼と結ばれる運命にあるのはこのわたしなのよ!」
と思い込んだメイビスは、スーツケースに荷物を詰め、ミニクーパーに乗って田舎へ帰る決意をするのです。
古いカセットに入っている高校時代の思い出の曲"The Concept"を何度も何度も聴きながら。
そう、全ては (20年も前の) 元カレを取り戻すため!!

ふふふ。

性格の悪い勘違いウーマンが人の幸せをぶち壊そうとするドタバタコメディだと思って観に行ったところ
それは大間違いでした。
メイビスの異様なメンタルぶりに驚かされつつも
途中から彼女に対して同情のような気持ちを寄せずにはいられません。

故郷マーキュリーへ帰って来たメイビスは、元カレ奪取計画を実行してゆく中次第に気付いてゆくのです。
かつての同級生が自分に向けているのは、必ずしも羨望の眼差しではないことを。
必死に取り繕って嘘を並べ「理想の自分」を演じていることが田舎の皆には全てお見通しであることを。
ハイヒールもセクシーなドレスも自称作家の肩書きも、全てこの街では無駄であることを。


大人になるにつれて身につけてゆくはずの良識だとか諦めが全く身に付いておらず
37歳になった今も高校のクイーンであったあの頃と同じく自分しか見えていない彼女。
まわりの「大人」はもう誰も彼女を相手になんかしてくれない。
唯一メイビスの話を聞いてくれるのは、チビでおデブの冴えない同級生マットだけ・・・。
彼は高校時代にジョック達からいじめを受けたことによって大怪我を負ってしまい
その時のトラウマの中を永遠に行ったり来たりしている人。
高校生の頃から何も変わることができなくて、何かが足りない者同士の2人が慰め合うシーンには
なんだか涙が出そうになりました。


「幸せが見つからないの。
周りはみんな大人になって、いとも簡単に幸せになっているのに。」

都会に暮らすシングル女性代表のようなこの台詞・・・せつない!!!
「今」を生きることに悩む全ての女性たちの中に、きっとメイビスは存在してるのです。


10年後、メイビスの年齢に近づいたときのわたしは、この映画のことをどう思うのだろう。


★クリックミープリーズ★
↓↓


Thursday, 1 March 2012

hello again


東京スカイスクラッパーズ。

最近、1年ぶりにここへと戻ってきました。全くかわっていない景色に再びこんにちは。

高層ビルがにょきにょきと空に向って伸びている様子は相も変わらず圧巻で
今日もまた大きな窓にへばりつきながら外を眺めました。



★クリックミープリーズ★
↓↓