Tuesday, 31 January 2012

Beginners

マイク・ミルズ監督の『人生はビギナーズ』を鑑賞しました。
原題の「ビギナーズ」に「人生は」と付けたとたん、どうしてこんなにタイトルの印象がかわるのだろう。
邦題マジック恐るべし・・・と思いながら。

主人公は38歳のアートディレクター、オリヴァー。
物語は彼が父親ハルの遺品を整理しているシーンから始まります。
75歳にして突然に「わたしはゲイだ」とカミングアウトし、残り少ない人生を自分らしく生きようとした父。
父は母を愛していなかったのだろうか。父は幸せだったのだろうか。
そんなことを考えれば考えるほど喪失感は大きくなってゆくばかり。
すっかり塞ぎこんでしまった彼の唯一の話し相手といえば、父の忘れ形見である犬のアーサー・・・。

そんなオリヴァーの様子を見かねた友人はある日彼を仮装パーティーへと連れ出します。
そこで彼が出会ったのは、アナというちょっぴり不思議な女性。
すぐに惹かれ合い、デートを重ねるようになった2人はどこか似た者同士。
アナはオリヴァーの心にぽっかりとできていた空白を少しずつ少しずつ癒してくれました。
だけれど途中から何かが上手くいかなくなって、少しずつ2人の歯車が狂いはじめ
幸せが、あっという間に消えそうになってゆくのです。

スクリーンに交互に映し出される、過去の出来事と今の自分。

その所々に挿まれる、父が生きた保守主義の50年代---同性愛は精神疾患であると疎まれた時代---の
写真やコラージュが、淡々と進んでゆくお話に心地よいリズムを与えています。


ガラスのように繊細なハートを持つ38歳のオリヴァーを演じたユアン・マクレガーは本当にハマり役で
お父さんを演じたクリストファー・プラマーも素晴らしかったし
アナ役のメラニーちゃんもフランス訛りの英語がとてもキュートだったけれど
キャストの中でわたしが一番心をうたれたのは
アーサー役のジャックラッセルテリア、コスモくん!!


ハルを亡くした悲しみを誰よりもオリヴァーとシェアしているのはこのアーサー(犬)。
いつでもどこでもトコトコとオリヴァーの後ろを追いかけ
部屋に置き去りにされれば「ワウーン!ワウウゥーン!」という切ない鳴き声で飼い主の心を揺さぶり
人間の言葉を理解し、飼い主が悩んでいれば声なき声でアドバイス!
なんて健気。なんてかわいいの。
普段はネコ派を公言しているわたしもすっかりコスモくんのファンになってしまいましたよ・・・。


これはマイク・ミルズ監督の実体験に基づくストーリーだそう。
そう言われればオリヴァーが仕事場で書きためるイラストは『サムサッカー』のパンフレットの表紙みたいに
マイク・ミルズのドローイングそのものですし(監督による映画のドローイング集、今欲しい本ナンバーワン)
オリヴァーのどこかエキセントリックな母親が美術館の作品の前でヘンテコなポーズをとる場面は
マイク・ミルズのパートナーであるミランダ・ジュライの映画"The Future"にでてくる
ミランダのヘンテコダンスシーンを紛れもなく彷彿とさせてくれますし(母の髪型もミランダそっくり)
そういった点からも、監督のプライベートが強く投影された作品なのだなと思いました。


主人公の喪失感が画面から溢れ出てきそうなくらいに伝わってくるけれど、なんだか全部があたたかい。
幸せになりたいけれどどうすればいいのかわからなくて苦しくて
いざ幸せになると怖くなって自らそれを手放そうとしてしまう、また孤独になることを選んでしまう。
ずっとずっと大きな悲しみから抜け出せない。
そんな人たちの背中を「大丈夫ですよ」って言いながら、そっと押してくれているような映画でした。



★クリックミープリーズ★
↓↓


Friday, 27 January 2012

Cafe TUBE LANE

弘前は「珈琲の街」と言われています。
コーヒーが薬として飲まれていた大昔。その黒くて苦いコーヒーという「薬」を
庶民の中で一番最初に飲みはじめたのは弘前の人だったとか。
(こちら珈琲の街ひろさきのwebページ。何気にイラストが素敵です)
そういった歴史も手伝ってか、弘前には昔ながらの喫茶店がたくさん。

子供のころから慣れ親しんだ駅前の大きなデパートはなくなり
高校生のときお金を貯めては通った小さな洋服屋さんもなくなり
思い出の場所が次々と不景気の波にのまれてゆく・・・

それでも街を歩くと頻繁に喫茶店やカフェに出くわします。
街は閑散としているのに喫茶店は人でごった返している、なんていう光景もよく目にします。
わたし自身はコーヒーを飲まないけれど
「珈琲の街ひろさき」というのはなかなかに趣きとロマンあふれる響きだなぁ、と思いますし
小さいころから頻繁に近所の喫茶店へと連れ出されていたせいか
この地域の喫茶店文化というものが自分の体の隅々まで染み渡っている気がします。

先日そんな弘前の街であたらしくできたカフェを偶然見つけました。


カフェチューブレーン。
手作り感あふれるほっこりとした看板。「やすめ」の交通マークが心に染みる。

「ぎゃぎゃっ道の道路標識には従わなければ!」と思ったわけではないけれど
なんだかすごーく惹かれたので、カフェのある2階へと向った友達とわたし。

あたらしくてピカピカの、広ーい店内。


何といってもリバティ・・・もしくはウィリアムモリスのデザインを彷彿とさせる
このかわいい壁紙がお店のチャームポイントです。

「いらっしゃいませ〜」と迎えてくれた店員さんが、とにかくかわいすぎてわたし瞬殺。
この田舎にあんなハーフ顔の可愛い人がいるとは知らなかったですよホント・・・!
「お姉さんの写真とってもいいですか」と言いたくなる衝動をぐっとおさえてメニューとにらめっこ。


ほうじ茶豆乳ミルクと「大人のアップル&パイ」を注文いたしました。
赤ワインと白ワインで煮込まれた、とってもジューシーなりんごにサクサクのパイ。
甘くてあたたかくて、とろーんと懐かしい味のほうじ茶ミルク。

しあわせじゃ・・・(●´ω`●)

来てよかった。広くて開放的で、何時間でも居れる。


そういえばここ2・3年は、地元に帰ってくる度に
「あれっ新しいお店ができてる!」と思うことが増えてきたように思えます。
カフェや雑貨やさん、お洋服屋さんなど。
そこのオーナーさんが地元の若い人だったりするのは、若者の地方離れが進んでいるこのご時世で
ほんとうにうれしいことです。みんなこの街がすきなんだなぁ・・・。


弘前でお気に入りの場所がまたひとつ増えました。


★クリックミープリーズ★
↓↓

Monday, 23 January 2012

what i've got today...

ロンドンにいる友達におくるポストカード。
はじめは日本っぽいデザインのものを探していたのだけど、雑貨屋さんで気が変わりました。


ロンドンにたーっくさん売っていた超絶ラブリーなポストカードに勝るとも劣らない
アジアのかわいいを届けるぞ。
(左2枚は日本人のアーティストさんのデザインで、右2枚はメイドインコリア)

みんな待ってて!!


★クリックミープリーズ★
↓↓

Sunday, 22 January 2012

salon de cafe Ange

とめどなく降った雪が積もりに積もって真っ白な弘前の街へと繰り出した日曜日。
旧東奥義塾外人宣教師館までやってきました。

いくつかのかわいい洋館がある・・・
それだけでわたしはこの、とてつもなく退屈な小さな街のことを好きになれます。

明治36年に立てられたこの洋館。
東奥義塾高校の英語教師として招かれた外国人の方々が宿舎として使っていた場所。 
今はサロン・ド・カフェアンジュという喫茶店になっております。

東京生まれ東京育ちの友達が
「東京タワー行ったことないんだよね。当たり前にありすぎるから行く機会がなくて」
と言っていたのと多分きっとおなじように
18歳まで弘前で育ったわたしにとってこの宣教師館は特別めずらしいものでもなく
「図書館の隣にある古い建物」位の存在で中に入ったこともなかったのですが
大学生になりクラシカルな物の魅力に目覚めてからというもの
宣教師館はわたしの中の気になる存在ランキングに急浮上。
せっかく帰ってきたんだからと、今日はここでお昼ご飯を食べることにしたのです。

中はこんなかんじ。「日曜日なのに人がいない!」と思ったあなた様!!
お客さんはきちんと数組おりました。(地元愛・必死のフォロー)

たっぷり柔らかい光が差し込む窓。
初めて来たのに、懐かしい場所に帰ってきたような錯覚に陥ります。くつろぎ度満点。

わたしたちのお目当ては人気の高いフレンチ風(・・・?)のランチ御膳だったのですが
ここで衝撃の事実。

「冬期は事前にご予約を頂かないとランチ御膳お出しできないんですよ」

しらなかったよ・・・。東北の冬おそるべし。


というわけでカレーセットを注文しました。
「津軽りんごたっぷりカレー・サラダ・津軽りんごの冷製スープ・津軽りんごのシャーベット・紅茶」

そうです、どこまでも津軽りんご祭りであります。


食べた瞬間りんごのまろやかさが口の中に広がるカレー・・・!

とろっとろにあまくておいしい。

「カレーは辛くてなんぼ。辛くないカレーなんてカレーじゃないわい!」
と大口たたいて今まで生きてきたわたしの目からうろこが落ちた瞬間でした。
(おおげさ)

津軽のりんごバワーに乾杯。

ごちそうさまでした。


★クリックミープリーズ★
↓↓

What Makes a Double Rainbow?

パソコンに保存している写真を整理していたら
以前「うそ!消えちゃった」と思っていたドイツ旅行の写真が思いがけない保存先から出てきました。
(保存場所:大学の卒業式写真のファイル)
一体いつそんなところに紛れ込ませてしまったのか謎だけれど、うれしかった!


ざーざーと降った雨のあとに架かった、見たこともないくらい大きな虹の写真。
虹の足下までくっきり。しかもよく見るとぼんやり二重になってるのです。
左の方にうーーーっすらと写っているのがおわかり頂けるでしょうか。


「虹のふもとまでいけばお宝があるんだよ!!」

そんなに前のことじゃないのに、遥か昔の思い出にかんじる。懐かしくって変な気分。



★クリックミープリーズ★
↓↓

macaron coloured cosmetics

春カラーがフレッシュなコスメたち。

お馴染みPAUL&JOEの2012年春限定ネココスメは、きっと同ブランド至上いちばんかわいい。
そのラブリーさはおととし買ったルージュを軽々と越えるものであります。


乙女のみなさまが大好きなラデュレのコスメライン。ラデュレの世界観そのまま!
エンボス加工されたこのカメオチーク、美しすぎる。




ナチュラルな長持ちネイルポリッシュ代表のZOYAからはこんなミルキーカラーのマニキュア。
2色ずつ塗りたい・・・(●´ω`●)


ソニアリキエルの限定アニバーサリーフェイスカラー。
朝・昼・夜のパリの空の色を表した3色展開。なんてロマンチックなアイディア・・・。


美味しそうなお菓子の色を纏った春のコスメ、見ているだけで幸せな気分になってきます。
♥♥♥


★クリックミープリーズ★
↓↓

Wednesday, 18 January 2012

The Theory of "Kawaii"

みなさん、「かわいい」と聞いてパッと思い出すものは何ですか?

わたしの場合
ネコ、こぶた、Paul and Joeのコスメパッケージ、みずたま模様、カップケーキ
チェコ、ノルディック柄のセーター、marc by marc jacobsのmiss marcちゃん
iphoneのChat Petアプリで届くちゅーめいちゃんからのメッセージ、ラズベリー色のジェラード
カイ・ニールセンの挿絵、バレエシューズ、真っ赤なネイルポリッシュ、赤ちゃん、はにかむ人
オシャレをしたおじいちゃんおばあちゃん・・・などなど、挙げても挙げてもきりがありません。

だって今や世の中は「かわいい」のインフレーション。あれもかわいい、これもかわいい、全部かわいい。
それはとても便利な言葉。「かわいい」には賛嘆の感情も、時に侮蔑の感情も含めることができる。
ここでふと思ったのです。
わたしってば、無意識になんでもかんでも「かわいい」の一言で済ませ過ぎではないかしら?
そもそも、かわいいって、一体なんじゃろ?と。

しかし1人で考えれば考える程に頭がこんがらがってきて、思考回路はショート寸前・・・。
そんなわたしのどーでもいい疑問を解決してくれるのではないかと思い、こちらの本を読みました。

その名も『かわいい論』。

2006年出版なので日本の雑誌やメディアについて論じている箇所の情報の古さはあるものの
かわいいについての大学生アンケート(これがとても笑える)やイタリアのセーラームーン、
グレタ・ガルボとヘップバーン、太宰治にヘンリー・ダーガー、萌えカルチャー
果てはアウシュビッツの壁画に書かれたかわいい子猫の絵にまで言及し
多角的なアプローチで「かわいい」の正体をさぐろうとしているので
各章ごとに読むと結構興味深くて面白かったです。

「かわいい」という言葉がまだ誕生していなかった平安時代。
清少納言の『枕草子』にでてくる「うつくし」という表現が
現代の「かわいい」の意味を示すというのは高校の古典で習った通り。
当時の人々は小さいものや大人の庇護を必要とするものを「かわいい」と考えていた。
それから千年以上の時が経ち、その「小さいもの、幼いもの」に消費社会を形成する要素としての
ノスタルジア、スーヴニールが加えられて現代の「かわいい」が成り立っている。
それは今となってはグロテスクな存在と限りなく隣り合わせのものなのである。
・・・ってことでいいのでしょうか、先生。

「かわいい」とグロテスクは紙一重であるいう点には大いに納得するところです。
ガーリーだとか少女趣味とか言われる映画や本を見ていると、本当にその通りだなぁと思う。

ただ、その後の展開でせっかく広げに広げた話がまとまらず
結論が宙ぶらりんのまま本が終わってしまうという点が非常に残念であり、それと同時に
「やっぱり現代におけるかわいいの価値観というのは多様化しすぎて個人によって感じ方が異なるし
それを俯瞰で捉えて論じるっていうのは無理なのね」と思うに至りました。
それも仕方ないこと・・・
世の中の「かわいい」は、ものすごい早さと量でアップデートされているのだから。

だったらもっと単純でプラクティカルな答えを見つけたい。
「かわいい」を読み解く本、実はもう一冊買ってあるので、そっちも読んでみようと思います。


★クリックミープリーズ★
↓↓

Tuesday, 17 January 2012

I CAN'T BELIEVE A GIRL IS PLAYING ME METALLICA

写真集の最後がこちら。これがずーーーっと欲しかったやつ。
入手困難な幻のガールズ雑誌Baby Baby BabyやNYLONでお馴染みのファッションフォトグラファー
Valerie Phillipsの"I CAN'T BELIEVE A GIRL IS PLAYING ME METALLICA"
うぅぅぅかっこいいタイトル!!
*source*
 

ヴィクトリアという女の子のちょっとヘンテコな日常を収めた写真集。裏表紙もかわいい。ふふふ。
本を開いた瞬間目に飛び込んできた写真の質感は"NYLON"のイメージそのもの。
専門技術のことは何もわからないけど、少しざらざらしてて、ポップで、エッジの効いた感じ
とでも言えばいいのでしょうか。

1冊まるまる、ヴィクトリアちゃんがウルトラキュート!くすっと笑ってしまう。
お花やレース、お上品なワンピースやキラキラのアクセサリーだけが乙女のアイテムなのではない。
黄緑色のもじゃもじゃウイッグも、ド派手な柄のTシャツも、ヘヴィメタだって、とびきりガーリー。
おしとやかでいる必要なんてないのだ。

これは現代のリアルな乙女を写した写真集だなぁーとひとり思ってます。


★クリックミープリーズ★
↓↓

Monday, 16 January 2012

Tout va Disparaitre

アマゾンUKから届いた二冊目がこちら。
オランダ出身Hellen van Meeneの写真集です。

タイトルはフランス語で「全ては消えゆく」というような意味。
10代までの少年少女をモデルとし、アメリカ・ロシア・オランダの3国で撮影されたそう。



自然光のみを使ったというライティング加減がすばらしいです。
心もとない表情を浮かべるこどもたちが、やわらかい光の中に浮かぶ。
みんな光の中に溶けてゆきそう。。。
そこに広がるのはしーんとした静寂。見ているこっちまで息をひそめそうになるくらい!

黄色いワンピースを着た女の子の写真を見た瞬間
フェルメールの「レースを編む女」を思い出してしまいました。
(オランダつながりだから、という安易な発想)

近いうちに必ず消えるであろう一瞬を切りとった、美しくて、幻想的で、儚げな写真ばかりです。


★クリックミープリーズ★
↓↓

Teenage Stories

大学生のとき、たしか恵比寿の洋書屋さんでみつけたのは女の子だけの写真集。
ものすごく欲しかったのだけど値段が高くて買えなかったのでこっそりタイトルをメモしておいたもの。
もう5,6年前のことなのですっかり忘れていたはずだったのですが
数週間前の真夜中に、ふとそのことを思い出しました。

「そういえばわたしはあの写真集が当時めちゃくちゃ欲しかったのだ。」

不思議なくらいはっきりと覚えている表紙のイメージとうろ覚えのタイトル。
どうにかその写真集を見つけ出そうと目を血走らせながらリサーチした結果、amazon UKで発見。
しかもお手頃価格になっていたので「これは・・・!」と、思わず購入ボタンをクリックしました。
しかしそれだけでは終われないのがネットでのお買い物・・・。
その他にも以前"Art Photography Now"を見て知った写真家の作品を追加したりして、結局3冊購入。

それらがやーっと、はるばるイギリスから届きました。

まず一冊目。
ドイツ生まれロンドン在住のフォトグラファーJulia Fullerton-Battenの"Teenage Stories"


*source*

小さな世界と大きなわたし。
ミニチュアでつくられた背景に、どこか危うげな少女達。

トンネル前での交通事故、タマゴバトル、靴の裏のガム。
Juliaが幼少時代に住んでいたアメリカペンシルバニアとドイツの田舎での思い出が
この作品のアイディア源となっているそうです。

ダーク時々ファニー。

写真集のタイトル通り、どの一枚を見てもストーリーが沸いてくる。
見ているひとたちのイマジネーションを刺激してくれる一冊であります。

「女の子」とは、とびきり孤独でちょっぴり恐ろしいものだ!


★クリックミープリーズ★
↓↓

Saturday, 14 January 2012

ALICE in 1988

みんな知ってるルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』。
このお話を原作に、たくさんの映画が撮られました。
1903年イギリスで撮影された約8分のサイレント映画"Alice in Wonerland"
から始まって、一番最近のものは2010年。ミアちゃん主演の"Alice in Wonderland"
wiki先生によると、なんとこの世にはざっと12ものアリス映画&ドラマが存在しているらしい。
それだけ原作がクリエイターたちのイマジネーションを刺激するってことですね!

アリスが12作品もあるなんてつゆ知らず、今までは
ウォルトディズニー版(永遠のアリス像)とティム・バートン版(個人的にはイマイチだった)
の2作しか観たことがなかったわたしでしたが
今日、びっくりするほど斬新な『アリス』に出会ってしまいました!

1988年の"ALICE"---製作国チェコスロバキア。(東欧映画ブーム絶賛続行中)
3年の歳月をかけてつくり上げられたと言われる、大作映画であります。

どーん。

ごっ、ご覧下さいこの不穏なムードが漂った当時の映画ポスター。
アリスの髪ってば容赦なく燃えていますし、窓から覗く謎の人物の顔はどことなくホラー調。
ウォルトディズニー版のアリスが陽ならこちらのアリスはまさに陰。
このポスターからも感じ取られるように、チェコスロバキア版アリスはひたすら不気味なのであります。
いや「きもかわいい」という表現の方が適切でしょうか・・・。

実写とストップモーションアニメの世界。本当に独特の世界!!!

こちらが主人公アリスちゃん。全く笑わない、クールな美少女。
こちら白うさぎさん。前歯がチャームポイント。動きがとってもかわいいのです。
ガマガエル伯爵。ながーい舌でハエを捕まえるのが大得意。
なんだか不気味な生物と、薬を飲んで小さくなったアリス・・・そうです、まさかのビスク人形です。

どうですか?こんなアリスの世界、誰が想像できたでしょうか。いや誰も!(勢い余って反語)
今までのキュートなアリス像がボロボロと裏切られてゆきます。
登場するキャラクターの全てが東欧的。寂しげでどこかグロテスク。
お話は全てアリスの言葉によって進められるのでどのキャラクターも言葉は発さないのだけれど
話さない分、動きがとびっきりコミカル。みんなイキイキしています。

靴下でできた謎の地下生物、釘の生えるパン、動く生肉、虫がぎゅうぎゅうにつまった缶などなど
まったく可愛くないものがたくさん登場するのも見どころ。
ひぃぃぃ〜と思いつつも画面から目が離せないのです。
「きもちわるい」と「気になる」の絶妙なラインをゆく演出。

完全なるアナログ撮影主義のシュバンクマイエル監督によるストップモーション映像は
観てる人たちをとても懐かしい気分にさせてくれます。あのトコトコカクカクした動き!
アリスがドラえもんばりに机の引き出し奥の四次元ワールドへにゅにゅにゅーっと入って行くシーン
CGなしでどうやって撮影したのだろうか。

すごい・・・!

ウォルトディズニーのアリスがみんなにとってのキャノンならば、
チェコスロバキア版アリスは全くもって異端なものとされるのだろうけれど
「こういうアリスもありかも!!」と、妙に納得した気分になりましたよ。

「不思議の国」という意味合いにかけては、このアリス映画がナンバーワンかもしれません。


★クリックミープリーズ★
↓↓

Friday, 13 January 2012

Wonderful Bookstores of the World

日本から少し離れていた間にこんな・・・こんな素敵な本が出ていたなんてしらなかった!!
amazon「あなたにおすすめの本」の欄で発見し、すぐに購入クリックしてしまいましたよ・・・。


タイトルの通り、ロンドン・パリ・ローマ・ミラノ・アムステルダム・ブリュッセル・NY
世界各国にある、美しい本屋さんを紹介した一冊。想像よりずっと大きくて分厚い本。

この本を読んだら、頭の中にあった本屋さんのイメージが覆ってしまいました。

「なんて美しいのだ!!」

*source*
ロンドン---Daunt books Marylebone
1910年に建てられたエドワード朝時代の建物が重厚な、歴史ある本屋さん。

*source*
ブリュッセル---Cook and Book
クラシックカーが置いてあったり(!)飛行機の模型がぶら下がっていたり・・・ポップで可愛い書店。

*source*
マーストリヒト(オランダ)---Selexyz Dominicanen
13世紀に建てられた教会がまるまる全部本屋になるなんて・・・すごすぎるんですけど!!!


この他にも、パリのパレ・ド・トーキョーや
世界一美しい書店と呼ばれているらしいブリュッセルのトロピスム書店(ほんとうにゴージャス)、
クラシカルな本屋さんから存在自体がコンテンポラリーアートな本屋さんまで・・・
オーナーやそこで働く店員さんのインタビューも盛りだくさん。
本当に見ごたえ&読みごたえたっっぷり。

去年アスプルンド設計のストックホルム市立図書館を初めて訪れたときの、あの感動を
この本で再び味わうことができました!

今はパソコンさえあれば自宅で本を買えちゃうけれど
やっぱり書店をぶらぶらしてたくさんの本を発見できる楽しみには替えられない。
こんなに素敵な本屋さんが近くにあったら、もうね・・・大変です。毎日通います。

去年ロンドンではWH Smith(チェーン店でどこにでもある)にしか行かなかったわたし・・・
とりあえず今年イギリスへ戻ったら、メリルボーンのDaunt BooksやHenry Sotheranなど
この本に載っていた「夢の本屋 in ロンドン」を全部訪れてみようと思ってますー。


★クリックミープリーズ★
↓↓