Thursday, 31 March 2011

THE KING'S SPEECH

やっとこさ、英国至上最も内気な王のはなしを観てきました。
「イギリス」「歴史」「王室」・・なんとも心惹かれるキーワードが散りばめられた『英国王のスピーチ』


英国王ジョージ5世の次男ヨーク公は、吃音のために公務のスピーチもままならない内気な王子。
言語聴覚士を何人呼んでも一向に治らない吃音。諦めかけた矢先、妻のエリザベスとヨーク公は
最後の砦とばかりにスピーチ矯正の専門家、ライオネル・ローグの元を訪れます。
ライオネルのその独特な治療とキャラクターは段々とヨーク公の心をほぐし、
少しずつではありますが吃音の症状は快方へと向い始めました。
そんな中父であるジョージ5世が崩御。悲しみに暮れる間もなく兄のエドワード8世が即位するも
離婚歴のあるアメリカ人女性に熱をあげるエドワード8世は彼女との結婚のため王の座を降りてしまいます。
・・・こうして、思わぬ形で弟のヨーク公はジョージ6世として即位することに・・・。
折しもイギリスはヒトラー率いるナチスドイツとの開戦を余儀なくされており
不安を抱く国民へ向けて英国王が「世紀のスピーチ」に挑まなければならない時間は近づいてきましたーー。


この映画、まず注目すべきはその豪華な俳優陣です。

主演は英不動産サイト“ズープラ”が行ったご近所になりたいセレブ」アンケートでトップに輝いた
永遠のMr.ダーシー、コリン・ファース。(↑シネマトゥデイがソースのどうでも情報)
妻のエリザベス役には、ここ最近エキセントリックな魔女姿が定着しつつあったヘレナ・ボナム・カーター。
オーストラリア人のライオネルには同じく豪出身、みんなが涙した「シャイン」のジェフリー・ラッシュ。
英王室20世紀最大のスキャンダルといわれた「王冠を賭けた恋」に燃える兄のエドワード8世を演じたのは
実際コリン・ファースより7歳も年下のガイ・ピアース。(なんで?顔が本人と似てるから?)
ジョージ5世にはハリーポッターの2代目ダンブルドア校長、
ウィンストン・チャーチル役にはハリーポッターのワームテールが。
あれ?・・・主要キャストの2分の1がハリーポッターに出ている!

実ははじめジョージ6世役としてロマコメの王、ヒュー・グラントの名前が挙っており
当のヒュー様が出演を断ったことでコリン・ファースに白羽の矢が立ったそうな。

とにかく主演のコリン・ファースとジェフリー・ラッシュの掛け合いすばらしくてひき込まれます。
一国の王になるであろう人間が癇癪持ちだったり、人を罵ったり、しまいにはFワード連発・・・。 
そんなコミカルな場面も面白いけれど
戴冠式の練習中、王の椅子になに食わぬ顔で座るライオネルとジョージ6世の会話、

"Listen to me....listen to me!"
"Why should I waste my time listening to you?"
"Because-----I have a voice!"

"Yes, you do"

のシーンが一番よかった。
”I have a voice!"と叫ぶ王の声がウエストミンスター寺院にこだまするところ。名シーン。

それからいちばんの見せ場だったと思われる
ドイツとの開戦を国民へ伝えるための9分半に及ぶスピーチ。
ゆっくりと、ていねいに、堂々と。国民の不安をぬぐい去るように。
始めはマイク越しにライオネルを見つめながら彼の指示に従って不安そうに話していたジョージ6世、
スピーチ半ばからはもう自分の言葉で語っていました。

しかしこのスピーチの間、バックミュージックとしてベートーベンの交響曲が流れていて
「あっわたしこのCD持ってるね!名曲だわー」
と、わたしの耳はスピーチよりも交響曲第7番を聴くことに集中し
ベートーベン>ジョージ6世、という状態になってしまった・・・・。
最後のスピーチで観客全員大号泣!というわたしの予想は外れてしまいました。

いやでもあれだよね、スピーチを終えたジョージ6世の顔は以前よりもずっと精悍で
名実ともにキングになった!って感じでした。うんうん。
やっぱり人はみんな苦手なことがあって、それから逃げてしまいがちだけれど
正面から向き合って克服した人間の姿はかっこいいです。もう“King George, the stammer"じゃない。

「吃音の王がそれをを克服し、スピーチ出来るようになる話」
と言ってしまえばそれまでのストーリーだけれど、
素晴らしい作品であることは確か。


click me please



↓↓

Wednesday, 30 March 2011

NEVER LET ME GO

長崎生まれのイギリス人作家、カズオ・イシグロの小説『わたしを離さないで』が映画化され
先週から公開されたのでさっそく観てきました。

原作ははわたしの本棚の一番目につきやすい場所においてあって
初めて全部読み終わった日、しばらくぼーっとしてしまったことを覚えています。

その感覚を覚えてるから
原作の、抑揚をおさえつつ読者の心にゆっくりと言葉が染み込んでくるような「ですます調」で語られる
独特な物語の雰囲気をどう映画で再現するのか、とっても興味がありました。

ノルウェイの森のときみたいな「え、ちょっと映画化してだいじょぶ?」という不安は
今回自分の中で全くなかったです。何故だ!


キャシー(C.マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(A.ガーフィールド)は
「ヘールシャム」と呼ばれる外界とは一切遮断された寄宿学校でずっと一緒に過ごしてきました。
第一に健康であることを強く要求されているヘールシャムの生徒たち。
「あなたたちは特別な存在」そう、彼らの生にはある真実が隠されているのです。

18歳になって寄宿学校を出た3人は農場のコテージでの共同生活を始めるのですが
ルースとトミーが恋人同士になったことでキャシーは孤立してしまい、3人の関係には亀裂が生じます。
全員がばらばらになってしまった後、それぞれが自らの使命を受け入れてまっとうしようとするも
「オリジナル」「コピー」「提供」「終了」・・というワードが示す彼らの運命は
あまりにも残酷すぎるものでしたーーー。


わたしの大大大好きなキャリー・マリガンちゃんが出ている・・
ただそれだけで鑑賞前から満足度は4割増し決定だったけれど(高)、
彼女ってばやっぱりすごかった。台詞を言わずとも観客に感情を、物語を理解させる。
そのパワーったら凄いです。

そうそう。
マリガンちゃんといえばちょっと前に
イートン校→ケンブリッジ大トリニティカレッジ卒という眩しすぎる学歴と美しすぎる容姿を持つ
イギリス人俳優のエディ・レッドメインとのツーショットをパパラッチされたのですが
たまたまファッション誌を立ち読みしていたときにその記事を初めて目にしたわたしは
「なんてウルトラキュートなカップルなのー♥元カレのシャイア・ラブーフの何倍もお似合いじゃない!」
と、リアルに本屋で興奮したのでした。

・・・そんなことはどうでもよくて。

あ、そういえばウォールストリートまだ観てないや!!

・・・じゃなくて!

えーと、そんなマリガンちゃん扮するキャシーたちの生きる世界というのは
「画期的な医療技術のおかげで難病を治すことが可能となり、人々の平均寿命が100歳を越えている
1970ー90年代のイギリス」であり、彼女達は「臓器を提供する為につくられた存在」
・・・というなんともSF的設定。

原作に書かれている様々なエピソードが、映画ではバッサリと省かれているため
映画の中で「臓器移植・クローン」という問題はあくまでも
「運命を受け入れることしかできない主人公たち」を強調する背景的な要素として使われているに過ぎず、
それゆえに映画版『わたしを離さないで』は
儚くも美しいラブストーリーとなっていたのでした!!!と声を大にしてわたしは言うよ。
(原作はもっと複雑だし重いし泣ける)

自分が何のためにつくられたのか、何をしなければならないのかを知っている。
だけれど側には好きな人がいて、やっぱり少しでも長く生きたいと思う。
初めて抱いた小さな希望が破れてトミーが叫ぶところ、心臓が痛くなりました。

イギリスの水色と灰色で覆われた美しい風景が余計にかなしい余韻を残す映画です。


click me please
↓↓

Tuesday, 29 March 2011

GOGO 60's

Pattie Boyd

Anita Pallenberg

Catherine Spaak

Anna Karina

Edie Sedgwick

Marianne Faithfull

polly maggoo

エネルギー溢れた時代の、魅力的な女の子たち。
やっぱり今見ても、何度見ても新鮮。
こういうのを見るたびに、重めのヘアスタイルがさいこうにかわいい、と思う。

click me please
↓↓

Sunday, 27 March 2011

HEART BEAT

風がびゅんびゅん吹いていた日に、渋谷区のワタリウム美術館まで「ハートビート展」を観にゆきました。
パスポート制なので一度1000円のパスポートを購入すれば期間中何度でも観にいくことができます。
素敵なシステム。もっとこういう制度の美術館が増えたらいいなーと思う。


私たちのハートビートが聴こえる。――― 時代にキスして。
アイ・ラブ・アート11は、ワタリウム美術館の現代美術コレクションより14人のアーティストの作品に
特別出品として坂本龍一氏の音楽を交え、「ハートビート(鼓動)」をテーマに
「時代のハートビート」「時代のポエム」「無限のリズム」
の3つの章で展覧会を構成し、96点を展示します。
アーティストたちの作品を通し、時代と自身の鼓動に耳を傾けてみて下さい。
(ワタリウム美術館HPより)

「ハートービート展」って、なんだかいいタイトル!!!
そしてアンディ・ウォーホルの作品、"I Love You"(1986)をポスターに使っているところが素敵すぎ。
思わず足を止めずにはいられないようなポスターデザインではありませんか。

わたしは美術のこと、全く詳しくないし、
特に現代アートともなれば作者の意図を読み取ることが出来ずに「???」となることが多々あるけれど
1つの作品をじっと見つめて自分なりに謎解きしながら理解しようとする過程自体は好きです。
例え結論が出なくてもね。


今回のハートビート展、足を運んでみて特に記憶に残っているのは・・・・


*河原 温*
チケットを買って2階へあがれば、すぐ目に飛び込んでくるのは
コンセプチュアル・アートの第一人者、河原温の作品。
キャンパスにただ日付だけが描かれている「日付絵画」や
"I am still alive"と書かれた電報を世界各地から発信する電報シリーズ。
「なにこれ?」と思うのは簡単だけど、どうしてそれが創られたのか考えれば
シンプルな作品が、多くのことを語りかけてきている気がしました。

河原温 "6 JUL. 1984"  (1984)


*ジョナサン・ボロフスキー*
「夢」に関する作品たち。
"I dreamed....."でそれぞれのストーリーが始まります。
夢なだけあって非現実的な内容だけど、
そこには人間・社会への鋭い批判と真理が隠されている気がしてどきっとしてしまった。
彼の「夢をみた」というそのままのタイトルの夢日記本、読んでみたい!!

Jonathan Borofsky ”Gemini GEL, Selected Works"より 


*アンディ・ウォーホル*
言わずと知れたポップアートの巨匠。ケネディ大統領の暗殺事件を題材につくられた
11枚のポートフォリオから成る「フラッシュ」の圧倒的存在感もさることながら、
個人的に今回いちばん好きだなぁと思ったのはこれ。

Andy Warhol "Blue Butterfly Day" (1955)

なんだか彼らしくないハッピーなかわいらしい作品。
ここに書かれている詩は"Nothing Gold Can Stay"で有名なアメリカの詩人ロバート・フロストの
"Blue Butterfly Day"です・・・!

春、青い蝶の日。
さんさんとふりそそぐ、これら空の破片とともに。
翅のうえにあるのは花よりも純粋な色
散り急がなければ、何日間も見せてくれる
花の色よりも。
だがこれらは、歌わずとはいえ舞いあがる花。
そしていま、欲望をのりこえただけ
彼らは風に巻かれて組みひしがれ、
轍が4月のぬかるみを新たに切りとった
ところにしがみつく。


*ルネ・マグリット*
シュルレアリズムを代表する画家マグリット。今回展示されていたのは写真作品でした。
16枚の写真からなるそのタイトルは「たくらみのない情景(The Fidelity of the Images)」。
しかし1枚1枚の写真とそれぞれ個別に付けられたタイトルとを照らし合わせてみれば
思わずニヤッとしてしまいます。
だって、日常を切りとっているはずのその作品はどれも「たくらみがありすぎる情景」だから。
参りました。
René Magritte "GOD ON THE EIGHTS DAY"(1937)


*ジョン・ケージ*
アメリカの作曲家であり詩人・思想家・キノコ収集家(!!!!)のジョン・ケージの作品、
アクリルに文字や図を転写して、それを何枚も重ねたもの。
タイトルは・・・「マルセルについてなにも言いたくない」
John Cage "Not Wanting to Say Anything About Marcel" (1969)

「マルセルについてなにも言いたくない」・・・なんともふてくされたタイトル!
ニューヨークダダの中心人物で20世紀美術に最も影響を与えたと言われる
マルセル・デュシャンが亡くなった翌年に発表されたこの作品。
ジョン・ケージが友人であり芸術家のジャスパー・ジョーンズと今は亡きデュシャンについて語っていたとき
ジャスパー・ジョーンズが"I don't want to say anything about Marcel..."と呟いて、
これがそのまま作品のタイトルとなったそうな。(Norton Simon Museum HPより)
デュシャンがジョン・ケージにどれほど影響を与えていたか考えれば、ストーリーが見えてきませんか。

ジョン・ケージという芸術家は、かの有名な伝説の曲「4分33秒」をつくった人でもあります。
わたしは昔ピアノの先生からこの曲について聞き、ひどく衝撃をうけました。
一応これはピアノ曲なんです。だけど、演奏しないんです。

「第一楽章:休み 第二楽章:休み 第三楽章:休み」

つまり演奏家は舞台にでて、ピアノの前に座り、ひたすら何もせずにただ楽章のおわりを告げるだけ。
(気になる人はyoutubeへGO)

楽器を鳴らさなくても音楽は存在する。
無音も音であり、その間会場に広がる雑音・・・ひそひそ話や咳払い、服が擦れる音なども音楽だということ。
「音楽」「演奏」「静寂」の概念を覆してしまった。

きっとジョン・ケージ自身も面白い人だったんだろうなぁ・・
だって芸術家で作曲家でキノコ収集家だし。(←キノコっていうのが高ポイント)

・・・・・(●´ω`●)?

話が逸れてしまいましたが、ハートビート展は親しみやすい展覧会でした。
ひとつひとつを眺めれば作品へのレスポンスが自分の中に湧きあがります。
アートは鼓動、アートってば生きてる!!


click me please
↓↓


Thursday, 24 March 2011

GENKIDAMA saves Japan

テレビに映るお偉い方々が「福島原発は大丈夫です。」と言い続けるけれど
どうやら原発の状況は一進一退らしいし
事態が一通り落ち着くまでには長い長い時間がかかりそうで
なによりも、何が一番正しい情報なのか、テレビを観ても全く伝わってこないのが悲しい。

わたしは原発や放射性物質についての知識なんてちっとも持ち合わせていないのだから
報道されることを信じるしかないのに、最近どうしてもニュースを疑いの目で見てしまいます。

「本当に大丈夫ならなぜ "念のために注意してください” 的なことを言うのだ!
本当はなにか重大な事実を隠してるんじゃないのか!」

いかにも日本人的な曖昧な表現が、こんなにもどかしいと感じたことはありません。
メディアってなんだろう。

騒ぎすぎてもいけないとわかっています。でも、言われたことを100%信じて安心しきることもできない。
原発に対して祈る以外何もできないから、余計に隔靴掻痒・・・。

どうか早く落ち着きますように。



あっそれから、被災された方々に、みなさまの元気玉わけてください(o'∀'o)

Monday, 14 March 2011

2011. 3.11

(2011.3.13 イギリスの新聞Independent on Sundayの一面)

わたしは3歳になるまで宮城の多賀城市に住んでいて、
その後は弘前で15年間暮らし、現在両親は福島市で生活しています。
古い友人も東北各地で働いています。
いいことも悪いこともたくさんあったけれど、東北はわたしを育ててくれました。
感謝してもしきれないくらいに。

先週の金曜日。その東北地方を信じられない出来事が襲いました。
未曾有の大地震と、雄々しい太平洋沿いの町を襲った津波。
まるでおもちゃのように流される家々、濁流にのまれる町・・・
時間が経つほどに明らかになってくる、悲惨な現実。
人間はちっぽけなもので自然の力に抗うことなんてできないけれど、本当に悔しかった。


それでも地震が起きてから、人の優しさや日本人の素晴らしさを改めて感じています。
励まし応援してくれる、海外の方々のあたたかさも感じています。
わたしも今自分にできることをひとつひとつやっていこうと思う。


被害に遭われた東北地方の方々。
何百年、北の風土が培ってきた東北人の我慢強さと内に秘めたる意思の強さを持って
必ず一緒にここからまた立ち上がりましょう。
わたしたちはそんなに弱くない。


今回被災を免れた方々。
人は生きていることが当たり前ではないのだと、忘れないでください。
どうかどうか、今回の地震を、他人事だと思わないでください。
力を貸して下さい。

お願いします。


★少しづつが集まって大きな力になります。わたしも微力ながら協力させて頂きました★
日本赤十字社

Wednesday, 2 March 2011

KUSATSU ONSEN

「草津よいとこ一度はおいで〜♪♬」

という謳い文句に惹かれ、土日を利用して高校時代のお友達2人と1泊で草津温泉へ行ってきました。
幼稚園から高校までずーっといっしょの学校だったご近所のあっちゃんと、
高校で毎年クラス替えをしてもずーっと同じクラスだったさささんと一緒に。

「お正月には3人で会えなかったし、ちょいと温泉にでも行こーよ!」
普段はめんどくさがりのわたしが、ここぞとばかりに幹事キャラに変身して温泉旅行を計画。

だってわたしたち3人はそれぞれに転機を迎えていて、癒しが必要だったのです。ほほ。

朝9時に丸ビル前へ集合し、バスにトコトコとゆられて到着したのはお昼すぎ。

「わー、やっと着いたじゃー!!」
(弘前の外で会うときには、津軽弁と標準語が混じって大抵おかしな言葉遣いになる。)

地面に書かれたやじるしに沿って駅から歩いてゆけば。。。

じゃじゃじゃじゃーん。

ここが温泉街の中心部、湯畑。こじんまりとしたかわいい街。
それにしても「湯畑」っていいネーミングだなーと思う。なんだか、こう・・言葉に夢があるよね。(え?)
温泉独特の匂いがひろがっていて、テンションが一気にアップ。
「温泉たまご」とか「温泉まんじゅう」と書かれた旗を見るだけでも、顔がにやにやしてしまいます。
非日常パワー炸裂。

湯畑に流れる源泉の色はとってもきれい。みずいろみたいな、エメラルドグリーンみたいな色。
太陽にあたって一層きらきら。
この絶妙な色合いを元にしてつくられた「草津ガラス」なるガラス細工もあります。
さささんは源泉色がすてきな花瓶をゲットしていました。
わたしもお菓子だけじゃなくて記念に草津ガラスを買えばよかった・・・。

その源泉、こんな風にもくもくと湯気をたてながら勢い良く流れ続けるなんて、自然はすごい。
横に「熱いので入らないでください」という看板。普通に考えたら入れないよ・・・。

到着早々にお酒を飲み始めました。そうです、何を隠そうわたしたち3人はお酒が大好きです!!
これはとっても甘くて、ごくごくといくらでも飲めそうだったのだけれど(危険信号)
これからお湯に入るから・・・と自粛。

舞茸そば。絶品。草津では地味に舞茸を推しています。
香りがふかくて歯ごたえもあり・・・こんなにおいしいの、食べたことなかった。
舞茸にはまりました。

泊まったお宿は「望雲」。従業員のみなさんがとっても温かい旅館でした。
3つの温泉もすっごーーーーくよかった!

女性は好きな浴衣を選んで着替えることもできますー。

晩ご飯。しゃぶしゃぶじゃ!
酔っぱらったら、こういうことをして遊ぶ・・・「ゆう」と書きたかったのです。

神社までてくてく。
草津名物の「湯もみショー」。
50〜90度近くある源泉を、水で薄めずに人が入浴できる温度まで下げるため考えられたのが湯もみです。
このときに「お医者様でも〜草津の湯でも〜♬惚れた病は治せぬよ〜♪♪」と草津湯もみ歌を歌いながら
源泉を冷ますのがお決まりだそう。(さまざまな歌のバージョンあり)

ショーの最後には湯もみ娘たちが湯もみ板をものすごい勢いでバンバンとお湯に叩き付け、
スプラッシュマウンテンもびっくりのハードボイルドなお湯しぶきをあげます。
ここで観客から「おぉぉ〜」というこの日一番の歓声があがったのは、言うまでもありません。


バス停の横にも足湯が。これだけでも身体がぽかぽかになります。
まだまだ寒かった草津。あれこれ話しながら20分以上浸かっていた気が。
気づけば足だけ、ゆでダコ色に。それはもう気持ちよかったです。
「あぁ・・わたしここで寝れるわ・・・」
冬の気配がしっかり残っている群馬県の車道沿いで、眠りの世界へと招集されそうになりました。
あぶないあぶない。

2人が「楽しかった」と言ってくれてわたしはとっても嬉しい。

やっぱり1泊2日はあっという間で、観光という観光もせずひたすら温泉に浸っていたけれど
あったかーい温泉と、だいすきなともだちと、おいしいご飯。
なんだかこわばっていた気持ちがふにゃふにゃーとほぐれた旅でした。
こころもからだもぽっかぽか。

ぽっかぽか!!


click me please
↓↓