Sunday, 30 January 2011

Taisho-imagerie world

もうとっくに終わってしまったけれど、松濤美術館ですばらしい展覧会がありました。
去年の暮れに観に行って大興奮し、図録まで買ったのにすっかり記録するのを忘れていたのです・・。
こ ち ら !


大正イマジュリィの世界ーデザインとイラストレーションのモダーンズ!!
入場料たったの300円で、ものすごいものを観させて頂きましたー。

大正から昭和初期におこった日本人の生活様式の変化は美術の歴史の転換期のきっかけとなりました。
それまで美術とは意識されずにいた工芸、建築、マンガ、図案、写真などが
アートとして表舞台に登場したのです。
丁度マスメディアが生まれたこの時代には印刷技術の革新が相次ぎ、それによって
イマジュリィ(仏語が語源、大衆的複製図像を指す)も美術として重要な意味を持つ様になりました。
描かれたものが大量に印刷物として複製されることによって、より多くの人々がデザインされたものを
手に取って楽しむことができるようになったのです。(図録まとめ)


竹下夢二、小林かいちなど大御所のデザインから浮世絵まで。
本当に観ていてわくわくする古き良きデザイン広告や本の装丁がずらーり。

多くの作品を観てまわる間に、またわたしの好きなものは必ずどこかで繋がっている法則を発見しました。

その①橘小夢の作品
細い白黒の線が美しく、どこかに死の雰囲気を感じる・・これは・・これはビアズリー・・?
と思って図録をチェックしたらやはり。橘小夢の全集にある惹句には
「ビアズレイの深刻と鏡花の幻性と歌麿の妖麗」と形容されているそうです。
そうそう、谷崎潤一郎の「人魚の嘆き」の挿絵にも、明らかにビアズリーの影響が見受けられました。
神秘的な美しさと退廃的なムード・・・
ヨーロッパで広まった世紀末芸術は、遠く離れた日本でも大きな影響を与えていたのです。


その②山田伸吉のデザイン
松竹映画のポスターやチラシのデザインをしていた山田伸吉。斬新なタイポグラフィ。
これをみたとき真っ先に
初期のアートワークにおいてロシアアヴァンギャルドの影響を受けていたfranz ferdinand“Take Me Out"のPVと
去年観たロシア構成主義のまなざし展を思い出しました。
色使いといい雰囲気といい、これはまさにアヴァンギャルドからきているのでは。

本当にちょっとしたことでも、こういう繋がりを見つけられると面白いものです。


当時西洋からもたらされた美術様式は上手い具合に日本の美と調和をとりながら
独自の「モダニズム」を形づくりました。
明治維新からの急激な欧化を経て、短くも魅力的な大正時代。前よりずっと自由になれた時代。
当時若者に支持されたベルグソンの言葉「エラン・ヴィタル」が示す生きることへの衝動と特別な想像力を
大正イマジュリィの中にしっかりと見て取る事ができます。
それは
乙女的、耽美的、叙情的、前衛的、デカタンス的・・・色々な要素がつまったおもちゃ箱のようなもので
今を生きるわたしたちにも鮮烈なイメージを与え続けるのです。
時代を切り開き、新しい文化を創り上げた人たちのパワーがそこに。
古いものはあたらしい。

Saturday, 29 January 2011

fruits sandwich♥

渋谷で待ち合わせの昼下がり。
友達が来るまで時間ができて、さてどうやって時間を潰そうと考えたら
「あぁそういえば先週のホルモン焼きの後
"男だってパフェが食べたいんですよ!でもひとりじゃお店に入れないんです!”っていう友人と一緒に
あそこのフルーツパーラーで久しぶりに苺パフェを食べたとき
メニューに載ってたフルーツサンドも美味しそうって思ったんだっけ・・・」
と、パンに挟まった真っ白なクリームと果物のことが真っ先に思い浮かんだので
単純なわたしはハチ公のそばから交差点をまっすぐに渡り、西村フルーツパーラーへ行きました。


渋谷駅の目の前のそこは、明るくて広くてどこかなつかしい空間。
ガヤガヤと若者が集うおしゃれチックなカフェもいいけれど、ひとりで行くならば
隣のテーブルではおじいちゃんが談笑しているような昔ながらの場所の方が落ち着きます。

注文したしゃりしゃりとふわふわの食感がたまらないフルーツサンドと
今が旬、あまおう苺&にんじんのジュースを頂きながら
かばんに入っていた森茉莉の「私の美の世界」を読んでひまつぶし。

レトロなフルーツーパーラーと森茉莉の本。偶然なんだかいいコンビネーション。
ふふふ。

そう思いながらのんびりしていたら
今度はわたしが遅刻したはずの友達を駅で待たせてしまいました。
ごめん・・・。

Friday, 21 January 2011

Lick the Star

ソフィア・コッポラの新作"somewhere"の予告をyoutubeではなく映画館の大スクリーンで観てしまいました。
the strokesの“you only live once"のデモ版”I'll try anything once"を歌うジュリアン・カサブランカスの切ない声と
エル・ファニングちゃんの透き通るようなみずみずしさに圧倒され、早くも公開が待ちきれないので
バージンスーサイズとロスト・イン・トランスレーション、マリーアントワネットのDVDを借りてきて
毎日夜中に少しずつ観なおすことにしました。

大人でも子供でもない少女の脆さと危うさを映像で表現するという点において、
彼女の右に出る者は今いないのでは。
映画、CM、ミュージックビデオ・・彼女が手がけた作品の持つ独特な雰囲気と色彩は
瞬く間に世界中の女の子を虜にしてしまったしね!!


そんなガーリー番長のデビュー作は15分程のショートフィルム“Lick the star"(1998年)。
youtubeで最後まで観れるなんてわたし知らなかったですー!みなさんご存知でしたか?

とある学園。
7年生のクイーン、クロエはV.C.Adrewsの小説「屋根裏部屋の花たち」(←地味に怖い本)に触発され
“lick the star"というシークレットコードで、秘密のいたずらを仲間の女の子たちに持ちかけます。
そのいたずらとは学園の男の子のランチにネズミ退治用のヒ素を盛ること(!)。一体どうなるこのいたずら。

クイーンの座を失脚したクロエの最後の言葉が印象的。
"Everything changes, nothing changes. The tables turn and life goes on."
・・なんてかっこいい13歳なんだ・・!


音楽、映像、テーマ・・今のソフィア・コッポラを思い出させるエッセンスが
ぎゅぎゅぎゅっと詰まったデビュー作。
この頃から既に監督のスタイルは確立されていたのですねぇ。

Tthe Social Network

ジェシーがどどーん!!なんとも印象的なこのポスター。

そうです!とっても楽しみにしていた映画『ソーシャルネットワーク』を観て参りました。
最近ゴールデングローブ賞やNY映画批評家協会賞なんかにも輝いている話題作ですが、
何故わたしがそんなに楽しみにしていたかっていうと
・・・・・・・
「イカとクジラ」を観て以来、密かにジェシー・アイゼンバーグに目を付けていたから!
「Dr.パルナサスの鏡」を観て以来、大っぴらにアンドリュー・ガーフィールドに目を付けていたから!
私の中で何故かお笑いキャラに格付けされる、世界のジャスティン・ティンバーレイク氏が出ているから!
です!

・・あれっ・・なんだかわたしのミーハーな一面が惜しげ無くさらし出された感じになってしまいましたが。

とにかく、この映画はすごかった。ずるいくらい上手くできていた!!!

facebookーそれは今や最もポピュラーなSNSで「facebook持ってる?」が友達になる合い言葉みたいなもの。
fbで友達になれば、その人がどんな人で何が好きで誰と付き合っているのか・・なんてこともわかっちゃう。
ネットの中のリアルな人間関係がそこには広がっています。
そんなオープンかつエクスクルーシヴな巨大SNS、facebookを作った
ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグのはなし。


冒頭で見事なまでの独壇場マシンガントークを繰り広げたマークは、その直後彼女にフラれてしまいます。

「あんたがモテないのはオタクだからじゃなくて性格が最低だからよ!!」

お・・・おぉぉ。

酔ったマークはフラれた腹いせに彼女の悪口をブログに並べ、
ついでに大学のコンピューターをハッキングして女子学生の写真をあつめ、
どのコが可愛いかを格付けするサイト「フェイスマッシュ」を作ります。
この格付けサイトが瞬く間に恐るべきアクセス数を記録して、大学のサーバーはダウン。
女子の写真を並べて顔の格付け・・・こんなことをオンラインでした為にマークは全女子学生から嫌われ、
おまけに大学の理事会からも呼び出しをくらうはめに。
しかしそんなマークのプログラミング能力に目を付けた上級生のウィンクルボス兄弟は
ハーバード大生用のコミュニティサイトの制作を以来。
大学の学生のみが使えるSNS・・このアイディアにヒントを得たマークは
友人のエドゥアルドと共に現在のfecebookの元となる「ザ・フェイスブック」を作ったのですがーーー。

映画の中のザッカーバーグは超上から目線だし、協力してくれた友達を酷い方法で裏切るし、
はじめ「なんて嫌な奴なんだ!頑張ってきたエドゥアルドがかわいそうじゃないか!!」と思ったけれど
それはビジネスという視点から見ればきっと仕方の無いことなのかもしれない。
だって彼の創ったものは大学生のお遊びの範疇をはるかに越えたものだったのだから。


正しいと思われる選択ですら常に正しいとは限らない。それでも人生は選択の連続。

友情、嫉妬、賞賛、金、名声、責任、孤独、敵・・若き天才が抱えたものはあまりにも大きすぎて
だからこそ映画のラスト、天才ではなくてどこにでもいる内気な男の子のように
元彼女のfacebookプロフィールを見続けるマークの姿がなんだか悲しく映りました。
彼が得たものと失ったもの。どちらが大切だったのか、そんなの誰にもわからないけれど。

・・・それにしてもジェシー・アイゼンバーグはいいよ!!!すごいよ!!
大きくGAPと描かれたグレーのパーカーが今時あんなに似合うのは彼しかいない。


Friday, 14 January 2011

Bouquet


なんでもない日に小さな花束をもらいました。

1輪だけ添えられていた溶けてしまいそうな薄紫色の花。名前はわからないけれどすごく気に入りました。
色だけじゃありません、かおりもステキです。
一体なんていう名前なのだ。花の名前ってどうやって調べればいいの。

こういう瞬間いつも思う。わたしもおばあちゃんや母のように花に詳しくなりたい。
いつかの欲しいものリストに植物と花の図鑑を加えようと思います。


Thursday, 13 January 2011

DESERT FLOWER

去年からなんとなく気になっていたこの映画、1月末で上映終了と聞いたので、急いで観に行きました。


ソマリア出身であるモデルの自伝を元に作られた映画。
彼女については昔「世界仰天ニュース」で観たことがあったので、ちょっとばかり覚えていました。
ワリス・ディリー。ワリスという名前は「砂漠に咲く花」の意味なんだそう。

親の言いつけにより13歳で結婚させられそうになったことが原因で、ワリスは夜中に家から逃げ出します。
その後母親の妹の夫である駐英ソマリア大使のメイドとしてロンドンへ行き、
任期が終了したあとに働いていたハンバーガー店でファッションフォトグラファーに見いだされ
モデルとしてのキャリアをスタートさせる・・というあらすじ。

ワリス役は本物のアフリカ系スーパーモデル、リヤ・ケベデ。
最近ではH&Mの広告でもおなじみの彼女。
ピンクの眩しい民族衣装を着ても、ダサダサのベンチコートを着ても、ファストフードの制服を着ても
本当に美しかった。そりゃ目立つわ!!


ワリスのお友達、ダンサー志望でオーディションに落ちまくるマリリンちゃん(いい子!)と正反対に
映画の中のワリスはトントン拍子でモデルになってしまうので
あぁやっぱり神様ってば不公平・・なんて思ったりして
正直「砂漠の遊牧民だった少女がロンドンでの路上生活を経てトップモデルになる」
というサクセスストーリーとしては特にドラマティックだったり新しい部分はないのだけれど
この映画にはもう1つのテーマがあるのです。

アフリカの一部地域で今も行われている女子割礼。
この風習を世界中の人たちに知ってもらうこと。これがこの映画のメインテーマ。
わたしたちの日常からはかけ離れていて想像もできないことで、本当にショッキングでした。
不衛生な環境での手術で命を落とす人たちもいる。
運良く生き延びても身体的な苦痛は続き、心にも大きな傷を負う・・・。

軽い気持ちで観に行ったら、なかなかの社会派映画。
ワリス本人も現在は人権擁護家として、女子割礼の撤廃を訴える活動に携わっているそう。
ソマリアを出て有名になったからこそ世界に伝えることができた祖国の実情。
西暦2000年を過ぎた今も地球の反対側でこの現実に苦しむ女性達がいるのだと思うと心が痛いです。


click me please
↓↓

Monday, 10 January 2011

THE GLEE CLUB

2010年のゴールデングローブ賞を受賞したアメリカの人気ドラマ”glee”のDVDがやっと日本に上陸しました。
去年からこの日を楽しみにしていたのです。

オハイオの田舎町。とある高校のグリー部(歌いながらパフォーマンスをする合唱団)は、今や負け組の巣窟。
廃部の危機を迎えていました。
そんな崖っぷちのグリー部を立て直すべく、
かつて同部に在籍し全国大会で優勝した経験のあるシュースター先生(なぜかスペイン語教師)が立ち上がり
部員達といっしょに大会出場を目指してゆくストーリーです。

高校生活・・それはイケてる人気者が頂点の完全なヒエラルキー社会であり
トップに君臨しない生徒たちは強者の目線を気にして
「いかに無難に毎日をやり過ごすか」ということを考えがちであるのに
ジュースをかけられたり、トイレに閉じ込められたり、カバンを盗まれたり・・という
どんないじめにもめげずにグリー部で歌い続ける高校のマイノリティたちから元気を貰えること必須。

「アメリカのイケてる男子高校生代表」みたいなアメフト部と「ダサい学生代表」のグリー部がコラボして
ビヨンセのsingle ladiesを踊るところは本当に・・・笑った。

なんといってもこのドラマの見所はミュージックシーンなのですが、それに負けないくらいに
それぞれのキャラクター設定や繰り広げられるストーリーが面白いので、第6話まで観終わったわたしは
「シーズン○」と称して果てしなく続いていくようなアメリカの人気ドラマを観ているときに感じる
「早く続きをみなくちゃ」という一種の強迫観念にも似た気持ちを、現在進行形で経験しています。
グリー部をあの手この手で廃部へ追いやろうとする、チア部の顧問シルベスター先生がツボ過ぎる・・。

今日も寝ずに続きをみるぞー!!

Thursday, 6 January 2011

Un cadeau


海を越えてフランスの田舎町PAUから届いたわたしの大好物。

「こっちにはとてもおいしいチョコレートがあるから、ノエルまでにトーキョーへ送るね!」

・・・しかしクリスマスはとうに過ぎ、翌年のお正月明けに我が家へ到着したのでした。

フランス人たちの時間感覚は日本人のそれと大分異なるいうことをここ4-5年で学習しておりましたので
12月25日までに数回鳴ったシェアハウスのピンポンベルの全てが
アニメグッズを通販しまくる香港出身の龍さん宛てだったと知ってしまった時も
わたしの心はさほど折れませんでした。

ボルドー色のリボンがあしらわれた、真っ白くてシンプルな包みをほどいたら
そこには薄オレンジのきれいな箱にきっちりと並べられたきれいなチョコレートたち。

道端ジェシカ氏の本に「チョコレートを食べている間、人間はケンカしないんですって」
みたいなことが書かれていたと思うのですが(うろ覚え)
やっぱりチョコレートは人をほわわんとした気持ちにさせる食べ物。

しかもこのチョコは2段重ねになっているので、食い意地の張ったわたしにぴったりなのです。
ふぉっふぉっふぉ。

ジュリアン、めるしーぼくー!

Tuesday, 4 January 2011

SHITEKI SEIKATSU


本屋さんで平積みにされていた、田辺聖子の乃里子さん3部作。
その可愛らしい装丁に惹かれて思わず購入し、去年の暮れから夢中になって読みました。

主人公の乃里子さんが奔放に恋をして結婚し、別れ、そして・・
今で言う働くアラサー女性のはなし。

端から見れば淡々としているであろう日常に潜む小さな幸せや憂いを掬いとって、
男女の・・・女性の本質を射抜いています。
「わー、その気持ちわかるかも!!!!!」と、何度も唸りました。
もう少し年をとれば、もっとわかるようになるのだと思う。

大阪弁での会話も洒落ていれば、作中に出てくるちょっとした小物まで洒落ており
今から約30年前の作品だなんて思えないくらいにおしゃれぽくてでみずみずしいお話。
ブリジット・バルドーの引用が散りばめられているのも印象的。

快活で明朗でおちゃめな乃里子さんの姿に、読んでて何度も元気を貰えます。


「苺をつぶしながら、私、考えてる。
こんなに幸福でいいのかなあ、って。」


三部作最後『苺をつぶしながら』の冒頭。最近読んだ本の中でいちばん印象的で好きな出だし。

Sunday, 2 January 2011

New Year Wishes

神田明神へと初詣に行きました。新年早々いい天気!!

初詣のたのしみといえば、屋台、あまざけ、そしておみくじ!
わたしは去年人生初めての「凶」を引き当ててしまった経験があるので
2011年のおみくじにかける意気込みは相当なものでありました。

「今年、絶対凶は引かない」

隣に居た人も興ざめなくらいに相当な念を込めながら右手でひいたそのおみくじは・・・・

小吉。

ほ!!!!!!!まぁいいんじゃないですか。
今は霧の中を彷徨っているような心境でも、努力すれば必ず道はひらけるとのこと。
神様、わたしがんばりますー。

Saturday, 1 January 2011

2011

あけましておめでとうございます。
2011
新しい年の始まりっていつもわくわくします。クリスマスよりも誕生日よりも特別な日!!

2010年は今まで経験したことのないくらい落ち込む日がぽつぽつと続いて
ただただ時が過ぎるのをじっと待っていたかんじ。

だけど2011年は何だかいい年になる気がするのです。
毎年ほぼ全てのファッション誌で組まれている「星座別・来年の運勢を占う」特集でも
わたしの計画とぴったり重なるすばらしい予言を次々と発見したし。ほほほ。
(↑いいことだけは信じるタイプ)


2011年、みんなにとってすてきな1年になりますように。


(↑20年来のお友達より送られてきた、ハイクオリティすぎる雪うさぎだるまの写メ。かわいすぎ!)