Wednesday, 28 July 2010

unconcerned but not indifferent

「無頓着に、しかし無関心でなく」

うだる程暑かった日、マン・レイ展を観に六本木まで行きました。

マン・レイ=ダダイスト、シュルレアリスト。

約400点もの作品が展示されていて見ごたえがありました。
ニューヨーク、パリ、ロサンゼルス、そして再びパリ。時代別の拠点によって区切られています。
"noire et blanche" 1926.


たくさんの有名人のポートレイトを観れたのも良かったです。
ヘミングウェイ、ジャン・コクトー、ストラヴィンスキー、サティ、ラディゲ、ヘレナルビンスタイン、
イサムノグチ、ジュリエット・グレコ、カトリーヌ・ドヌーヴ・・・などなど。

それからマン・レイのカラー写真。初めて見ました。
特別な手法で色を定着させてるそうな。
絵みたいで、でもやっぱり写真で、その独特な雰囲気にくぎづけです。

写真以外にも絵画にドローイング、彫刻が展示されていて、映画も上映されていました。
3本上映されていた無声映画の中で、わたしは「ヒトデ」(L'Étoile de Mer=海星)を鑑賞。

「彼女はなんて美しかったんだ!美しい!」

わかろうとするんじゃなくて感じる・・。今でも頭の中に断片的な映像がこびりついてます。

本当は「理性への回帰」と「サイコロ城の秘密」も続けて観たかったのだけど

なにせ
展示会場がとーーーーーーーーっても涼しくて

いや
ノースリーブを着ていたわたしにはむしろ寒すぎて

断念したのです・・・・。

パリのセクションから寒くてずーっと鳥肌がたっていて、
だめだ。このままここに居続けたら、真夏なのに凍えてしまうわ!と、会場を後にしたのでした・・。

もっとじっくり観たいものがたくさんあるので
カーディガンをバックに忍ばせてもう一度観に行こうと考えてます。


Monday, 26 July 2010

one summer day


日差しがとっても強くて、一気に夏本番。

「あつい!溶ける!早く涼しくなってほしー」と口では言いつつも
蝉の鳴き声をきいたり、朝顔を見たり、スイカやかき氷を食べるのが楽しくてしょうがないのです。


Friday, 16 July 2010

Four things that cheer me up

最近、ぽつぽつと少しだけ落ち込む出来事がかさなって
でもそれは自分ではどうしようもできないことだから仕方ないって思ってたんだけれど
昨日の夜帰ってきてから「うわーん!」ってなりました。

こういうとき「ねぇ聞いてー」ってともだちに聞いてもらうのはもちろんのこと
自分を甘やかして元気になることも大切だと思うのです。

わたしを元気にしてくれるもの。

①さんぽ

気持ちのいい天気だったらぶらぶら歩く。
今回はなんだか気分にまかせて下町まで行ってきました。
方向音痴のくせに勘だけでずんずん歩くので後々たいへんなことに・・・。

「あれっ、ここどこ?駅はどっち・・?」



7年目 住んでも慣れぬ 東京迷路 
(字余り、みみこ心の歌。ちびまるこちゃんのおじいちゃん風に)


しかぁし!


おかげでこんなのを見つけました。

お店は閉めてもマリリンだけは隠さない、オーナーの心意気が伝わってきます。ぴぴっぴどぅー!



②おいしいたべもの

ダイエットがなんだー!好きなものをすきなだけ食べるのです。
家に帰る途中にケーキやさんに寄って、食べたいケーキを持ち帰りました。
ふわふわのショートケーキとフルーツタルトにザッハトルテ。

「あっ、気づけばひとりなのに3つも買っちゃった・・」
なのにその後、ぺろっと食べきったよねー。



③本

部屋を静かにしてひとりで本を読むのがすきです。基本ひきこもりですから。
普段のわたしは主人公が救われない暗い話をよく読むのですが。(え・・・)

物語のなかに入り込んで、現実も時間も忘れるのがしあわせ。



④映画

渋谷までソダーバークの映画を観にいくつもりが
やっぱり次の機会に・・と思い直して、

結局夜はだらだらとベッドに寝っころがりながらDVDを観ました。
だってほら、すぐ寝れるし!!休日は基本ひきこもりですから。(2回言った)

この日はフローズンタイムを観ました。
不眠症になる位の失恋なんて経験したくないけれど、時間はとめてみたい。


そのあとお風呂に入ってぐっすり寝れば、あーら不思議。
元気度は70%台に回復。

これで大抵はいつものあたしに戻れるのです。

たんじゅん!!^^


Wednesday, 7 July 2010

tanabata day

今日は七夕。


短冊に書かれているいろんなお願いごとをみていたら。

「もっとあしがはやくなりますように」「えんそくがはれますように」

・・・きゅんとしてしまった。


Sunday, 4 July 2010

William Eggleston Paris-Kyoto

品川の原美術館までWilliam Eggleston:Paris - Kyoto展を観にいってきました。
静かな住宅街にひょっこりあらわれるこの美術館、すきです。


「カラー写真を芸術的表現の域にまで高めた先駆者であるアメリカの写真家エグルストンの、
日本の美術館における初個展。展示の中心となる「パリ」と「京都」シリーズは
パリのカルティエ現代美術財団の依頼を受けて制作した近作で、
類似的イメージに堕さない都市の断片を色鮮やかな色彩の乱舞の中にすくいあげた作品です。」
(原美術館)

アンリ・カルティエ=ブレッソンやウォーカー・エヴァンズに影響を受けて写真家を志したそうな。
もともとは2人みたいにモノクロ写真を撮っていたみたいです。


Paris Series "Untitled"


鮮やかな色が目に飛び込んできます。
写真とドローイングのペアを見つめて、しばし考える・・。

「パリ」と「京都」という選択がおもしろい。両方とも古い建物がきちんと生きている街。
だけど、わたしたちの頭にぱっと思い浮かぶパリや京都の写真は一切ありません。

たとえば、日本を観光しに来た外国人の写真を観せてもらうと
「こんな物まで写真に撮ってる・・・!!」と驚く事がよくあります。

同じ様にわたしも、海外旅行にいくと看板とかゴミ箱とか
地元の人にはどうでもいいものすら新鮮で、写真に撮っちゃう。

そういう感じ。

そういう感じだけど、もっとずっとすごい。
「えっ、そこ切り撮っちゃうの」っていう驚きが続く、彼の視点が印象的でした。